香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

七瀬ふたたび



連休3日目なのだ。

もう丸2日、家に籠りっきりの僕である。

昨夜はYOUTUBEにUPされていた『七瀬ふたたび』

を一晩かけて全部見た。

(だって、もうすぐ削除されると思うから…。)

1979年にNHK少年ドラマシリーズ内で放送された

多岐川裕美主演のもので、

マスターテープは放映後消去されてしまい、

二度と見ることができないと言われていたが、

幸い視聴者が、当時はまだ珍しい家庭用ビデオに

録画していて、それがNHKに寄贈されたため、

視聴が可能になったという。

(当時のNHKでは、節約のために、

一本のフィルムを何度も使い回していた。)


このドラマが放映された当時、

僕はまだ小学生だったが、この超能力者の物語に、

それはもう大変な衝撃を受けた。

すぐに、筒井康隆の七瀬三部作も買って読んだ。

www.youtube.com


僕は、小学校低学年の頃から、なぜか自分のことを、

〝本当はここにいるべきではない人〟と感じていた。

この地球の環境に、ものすごい違和感を覚えていた。

一時もここにいたくない。はやくここから脱出したい。

本当に帰るべき場所は他にあり、

そこには仲間もいるはずなのに、

そこへどうやって帰ればいいのかが分からない。

そんな切なさとやるせなさを感じながら過ごしていた。


当時、家の裏に広がる山や竹やぶで、

何かわけのわからない存在とずっと話していたり、

夜、寝床の中で、宇宙人が集まる村に意識を飛ばし、

そこで、仲間たちと遊んだりしていた。


そんなとき、この『七瀬ふたたび』が放映され、

ああ、これだ、と思った。

幼いながらも、七瀬たちの孤独もよくわかったし、

こんな仲間たちと出会えたらどんなに幸せだろう、

と思ったりした。


このドラマでは、宇宙戦争やSFのような、

現実離れしたシーンはほとんど出てこない。

全て、普通の日常生活の中で物語が展開される。

特に、NHK少年ドラマシリーズ独特の、

暗く隠微な雰囲気は、その少し前に、

これまたNHKで放映された『不思議な村』という

イギリスのテレビ映画の衝撃と相まって、

僕の心の中に深く印象付けられた。

www.youtube.com

当時、夜、宇宙人の村に意識を飛ばすときに、

必ず見るのが、マチュピチュやマヤの遺跡のような

建造物だった。

その村では様々な仲間がいて、いろいろな情報を

交換していたように思うのだが、

大人になった今では、あまり覚えていない。

ただ、普通に使えていたはずの超能力が封印され、

思うように使えないもどかしさを感じた記憶がある。


それから、中学生になり、これまたなぜか、

ボリビアのチチカカ湖にすごく惹かれ、

この地へ行けば仲間に会えると思い込み、

ラジオのスペイン語講座を始めたりした。

www.youtube.com

というわけで、

この『七瀬ふたたび』というドラマ、

主題歌も、音楽も、照明も、全てが暗微で物哀しい。

これを13話分、続けて見終えた後は、

何とも言えない不思議な気持ちになった。

こうやって、僕のお籠り連休も、

この独特の薄暗さの中で過ぎてゆき、

ひとり〝故郷〟に想いを馳せている。

ただ、ここで言う故郷は、コースで言う、

父が待つ故郷のことではない。

どこか、他の星のルーツの事のような気がする。


こうやって見ると、NHKってすごいかも。

宇宙のことや意識のことも積極的に取り上げてるし、

まじめな顔をして、案外不思議ちゃん。


連休お籠りシリーズ、まだまだ続くよ!