香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

無差異感覚


↑来週泊まる浦江飯店。このレトロ感がいい。
久々の佛山一泊出張である。

最近は、佛山以外の出張がなくなり、本当に助かる、

と思っていたら17日から上海出張が入ってしまった。

またあの首席公館ホテルに泊まろうと、

予約サイトを見てみたら、一泊4万5千円!

モラー邸も一泊1万8千円もする。とても無理だ。

他に安くて上海レトロなホテルはないかと探したら、

浦江飯店があった。9千円だって。よかった。


そうやって、

ホテルを選びまくっておいて言うのもなんであるが、

様々なモノや事に対する差異が消滅し始めている。

場所、時間、食物、仕事、人、状況、など、

日常生活の中で、何かをしようと考えたり、

どこかへ行こうと思ったり、または、

何かを選ぼうとしたりするとき、全てにおいて、

別にこれでなくてもいいじゃん、と思えてしまうのだ。


例えば、仕事を始めたばかりの頃の自分だったら、

「週末までまだ3日もあるよ。」とか、

「まだ3時だよ。退社時間まで3時間もあるよ。」と、

勤務時間とそれ以外の時間を分けて捉えていた。

勤務時間中は偽の自分で、退勤後が本当の自分、

みたいな…。(笑)

それが、最近、

ただ、やることと、いる場所が違うだけで、

月曜と土曜の間に何の差があるんだろう、と思える。

また、オフィスにいるのと家にいるのとでは、

仕事をしているか、テレビを見ているかの違いだけで

その二つの事象にに、一体どんな優劣があるのか、

と思えてくるのだ。


また、人に対してもそうだ。

例えば、僕が東京の本社に出張していたとして、

今晩、

兄弟てっちゃんと晩飯を食うことになっているとする。

しかし、突然、コンババ管理部長との会議が入った。

普通なら〝チェッ〟となるところだが、

てっちゃんと晩飯か、管理部長と会議、のあいだに、

何の違いもないように感じてしまう。


↑真夜中の佛山

いま、夜の8時で、佛山出張からの帰りのフェリー

の中でこの文章を書いているのだが、

早く家に帰りたい、と普通の思考が出てきた途端、

でも、なんで家に帰るのがよくて、

フェリーの中にいることがだめなんだろう。

どちらでも、そこに僕がいるだけじゃん、みたいな、

なんとも言葉で表現できないフラット感が出てくる。


だからと言って、いま、

どこにいても、誰といてもいいか、

といえばそうでもなく、それなりに選択はする。

かといって、どこにいるからイヤ、とか、

誰といるからイヤ、というのもない。

変な感じ。


以前なら、

絶対に一緒にいたくないと思っていたような人でも、

まあ、特にこちらから望みはしないが、たまたま

何かの拍子で一緒に過ごすことになったとしたら、

それはそれで普通に楽しく過ごせる。


なんで、ここ数日で、

こんな〝無差異感覚〟に陥ったのかは分からないが、

聖霊兄貴を思い出していないときを作らない、

神の子の自覚を忘れているときを作らない、

と訓練していたので、こうなったのかも…。

でもまあ、あまり頭で考えず、

兄貴に委ね切ってゆったりこの週末を過ごすことにする。