香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

今年も越えるぜ!


↑くる

今日、ようやくクラウド録画で年末の紅白を見た。

やはり紅白歌手だけあり、みんなそれなりに上手い。

演出にもリキが入っているし、歌にも気迫がある。

中でも紅白と言えば、石川さゆりの『天城越え』だ。

そして、今年も天城越えスペシャルバージョンで、

ちゃんと越えてくれました!〝達して〟くれました!


本当はこの場面ばかりをつないだ映像を

兄弟てっちゃんに作ってほしいのだが、

奥様のさおちゃんに知れたら、

このド変態野郎!と罵られ、

出禁になるのは目に見えているため、

我慢することにする。ぐすん。


日本はすでに正月は明けてしまったが、

今週は佛山工場の大忘年会もあり、

中国はこれから旧正月(春節)に向け、

年末ムードが盛り上がってゆくのだ。


↑いく

それで、去年の年末に、暇だから、と始めた、

〝レッテル貼り解除ワーク〟であるが、

あれをやった後から、ちょっと感覚がヘンなのである。


何というか、今まで同僚の何々さん、友人の誰々さん

と信じて接してきた周囲の人たちが、

どこか得体のしれない、奇妙な生物のように見え、

「ひええーっ。この何だかわからない動く物体を、

 ふぁちゃんだと思っていたなんてー。」

と、気味悪く思えたのだ。


こんな体験は、以前にもしたことはあったが、

今回は、もっと進み、

この風景、香港と言う場所、このシチュエーション、

実際に存在し、起こっているように見えるけれど、

なんか、ウソっぽい。なんか、騙されてる感がある。

と、気持ち悪く感じるのだ。


↑フィニッシュ!

まあ、実際のところ、

本当に僕たちはVR世界にいるのであるが、

これまでは、分かっちゃいるけど埋没していたのが、

今年になってからは、

本当にここがVR空間なんだと理解しながら、

ほんの少しシラケて生きている、という感じがする。


ただ、ここから、道は二つに分かれるのだろうと思う。

このVR設定を、もっと自分好みに変えるか、

それとも、

設定を削除して、このVR空間から出てゆくか、だ。


僕は、後者である。

だって、必ず分裂するエゴの仮想空間において、

永遠の幸福はあり得ないし、第一、ヤバくなる毎に、

ずっと設定を変え続けるなんて、僕には不可能だよ。


というわけで、今年も越えるぜ!(←何を?)