香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

知っているけど目覚めない


↑東京へ新幹線で移動中。富士山見えた!

昨夜、夢の中にいると自覚しながら、

夢を見ている、という不思議な体験をした。

しかも、その夢の中でいくら目を覚まそうと試みても、

絶対に夢から目覚められないのだ。

本当に恐ろしい夢だった。


僕は、中東っぽい外国のバス停のベンチで、

ひとりバスを待っている。

ふと見ると、全財産が入った黄色いバッグがない。

慌ててあちこち探しまわるがどこにも見当たらない。

見れば、周囲の人たちも黄色いバッグを持っている。

ひとつひとつ、彼らのバッグの中身をチェックするが、

どれも自分のものではなかった。

異国の地で、パスポートも、お金も、ケータイもない。

大きな恐怖と絶望の中、突然、自分が今眠っていて、

夢を見ていることを思い出した。

これは夢だったんだ。目覚めればいいだけなんだ。

ああ、助かったあー。

しかし、夢の中で、いくら目をしょぼつかせてみたり、

頭を振ってみたりしても、目が覚めないのだ。

夢だから覚めるはずなのに、なんで? 焦る。

そうこうしているうち、バスが来た。乗る。

窓から見える荒野の岩肌や、ラクダまでもが、

現実と全く同じように、リアルに見えだす。

夢の中で一生を過ごすなんて冗談じゃない。

早く目を覚まさなければ、と焦るが、目覚めない。

このまま目覚めなかったら、どうなるのだろうか。

そんなの、絶対にいやだ。でも、だめ。目覚めない。


やがて、夢を見ているという事実を忘れはじる。

や、やばい! 夢を見ている事を忘れ、

ここを本当の世界だと思ってしまえば、

自分は永遠にここから抜け出せなくなる。

それだけはなんとしても避けなければ。


そのとき、背後の聖霊の呼び声に、

意識を集中させることを思い出した。

兄貴!僕を目覚めさせてください。


実家の自分の部屋で目覚めた。

ああ、よかったあ。たすかったあ。

でも、さっきの夢の中の出来事は、

いまの自分の姿そのものではないのか。

そう思った瞬間、切なさと絶望感がこみあげてきた。


↑眼科で半年分の目薬をもらう。

それにしても、リアルな夢だった。

普通、夢って、

起床してしばらくすると忘れてしまうものだが、

バスの運転手の顔や声、失くしたバッグの色まで、

鮮明に思い出すことができる。


ぞろ目といい、今回の夢といい、

最近、映像として見せられることが本当に多い。

きっと今の自分も、

このように目覚めない夢の中にいるのだろう。

ここから脱出するには、やはり、起きろー、という

聖霊の呼び声に耳を傾けるしかない。


そして、次々と顕われてくる夢の出来事を、

聖なる神の子の光を延長させることで神に変換し、

これはただの記憶で幻想でさえないんだ、

と、別人格の他者の群れを徹底的に赦してゆく。

あとの時空で起こることは聖霊に任せる。


もう、これからは、

夢を赦すこととハートを延長させること、それだけだ。