香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

正義と平安の間に…



東京だぜ!おっかさん!

というわけで、花の東京(なのかな?)武蔵茶房で、

『黒みつほうじ茶ミルク』を飲んでいる。

注文してから炮烙でお茶を焙り始めるので、

すごく時間がかかるのだが、

黒蜜とミルクとほうじ茶の味が絶妙、美味である。

やはり〝粋を尽くす〟という事にかけては、

日本人ってすごいものを持っていると思う。

僕も一応日本のメーカー勤務なので(総務だけど…)、

今後はこの精神で仕事にまい進する所存である。


というわけで、兄弟てっちゃんち。

痩せてスリムになった体を披露しようと思っていたが、

やっぱり、日本での10日間で元の木阿弥に…。

だって、日本の食物(特に白米)美味すぎる。

僕が元の木阿弥になったのは日本の食べ物のせいだ。

(↑ ウソ…。)

てっちゃんちでは、いつものように、温泉に浸かり、

朝まで語り合い、意識を題材にした映画を見ながら、

おいしいワインをたくさん飲み、

なごみルームでまったりこん、と過ごした。

そんな兄弟たちとの語り合いの中で、

特に深かったのが、正義を選ぶか平安を選ぶか、

ということだった。


東京へ向かう電車の中でのことである。

超満員なのに、地べたに通勤鞄を置き、

i-Padを見ているサラリーマンおっさんがいた。

書類などを入れる普通の通勤カバンなのだが、

それが通路をせき止め、扉付近の乗客が、

通路の中へ入って行けない状態にあった。

自分の周囲だけガラガラなのを知ってか知らずか、

おっさんは、余裕で映画なんかをみている。

誰か注意するだろうと思ってみていると、みんな、

嫌な顔をしてチラチラとそちらを見るものの、

誰も何も言わない。

まあ、今のこの時代、注意をして逆切れされると

何をされるかわからないので見て見ぬふりをするのも

分からないことはない。

そして、僕もひとり 「なんだ、このオヤジ。」

からくるびゅんびゅんを、心の中で赦し続けていた。


と、突然、そのおっさんのやっている行為が、

自分がやっている行為のように感じられ、

僕の代わりに、このおっさんが、皆から嫌悪され、

僕の罪悪感を引受けてくれているように思えてきた。

そうこうするうち、

みんなに迷惑をかけているこのおっさんは、

実は自分自身が生み出した別人格だった、

と気づいた途端、このおっさんに対して、

すまない気持ちでいっぱいになった。


ごめんよ!おっちゃん。

そういう気持ちが湧き出した瞬間、

周囲の憎悪を一身に浴びているおっさんを見ている

のがたまらなくなった。

おっさんにそれをさせているのは僕であり、

憎悪されるおっさんは、僕なのだ。

だから、

こんな自分を放っておくなんて嫌だ、と思った。

気が付けば、僕はその人に、

「すみません。ちょっとカバンをずらして頂けると、

有り難いのですが…。」と声をかけていた。

おっさんは、恐縮したように床の鞄をどけてくれた。

と、扉付近にぎゅうぎゅうになっていた乗客が、

通路の空いたスペースへと流れ込んできた。


↑さおちゃんの豚汁は絶品。
 何杯でもお代わりしてしまう。

今回の〝満員電車カバンで通路塞ぎ事件〟では、

「誰が見てもあなたは間違っている。

 だから注意されて当然だ。」

と、正義からの〝注意〟ではなく、

「あなたは僕です。 

 僕はもう聖なる神の子に戻っています。

 だから、あなたもいっしょに戻りましょう。

 いままで、罪悪感を押し付けてごめんなさい。」

と、平安を選んだことからくる〝懇請〟として、

相手に意思を伝える、という事を学んだ。


だって、

もし、自分がおっさんと同様の行為をしていて、

自分がそのことに気づいていなかったとしたら、

「だれか、助けて!」と〝懇請〟する筈だから。


相手にその行為を止めさせるための注意と、

我々は聖なる存在だ、と宣言する懇請では、

方向が全く違う。


結果はどうでもいい。

相手に逆上されたって構わない。

おっさんが鞄をどけても、どけなくても、

自分は心が平安であることを選んでいる。

もしおっさんに何も言わず見ているだけだったなら、

電車を降りても、心は平安ではいられなかっただろう。


でもまあ、そうは言っても、

その時の状況や相手の〝ヤバさ〟加減にもより、

ケース・バイ・ケースで、

兄貴と共に見ていくことが大切だと思う。


とまあ、そんな感じのてっちゃんち初日であった。