香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

〝これ〟だけの話


↑さおちゃんが描いた〝神=これ〟を表現した図。
 今回の日本帰国で最大のギフトだった。
 ありがとう。さおちゃん!


日本から香港へ戻り、先週から仕事復帰している。

朝、事務所へ入ってゆくと、ケリーもエドワードも、

不思議な戸惑ったような顔つきで僕を凝視してくる。

以前、道行く人々がわけもなく一斉にガン見してくる

体験を何度もしていたことを、ここでも書いたが、

とうとう同僚にまでガン見されるようになったのか、

と少々ビビった僕…。

そのとき、日本人の総経理がやってきて、

「ああ、星谷さんだったんですか。

 知らない人が立っているので誰かと思いましたよ。」

と言われた。

服装も、髪型も、体型も、以前と同じなのに、

なんでなんだろう? 不思議だ。


↓↓ ガン見に関する過去の記事はこちら ↓↓ 
残業こわい - 奇跡講座(奇跡のコース)と純粋非二元のブログ 香港さんといっしょ!

ピンクの誘惑 - 奇跡講座(奇跡のコース)と純粋非二元のブログ 香港さんといっしょ!


こうしてガン見されたあと、

会社の部下たちにお年玉を配った。

香港では旧正月明けに、

会社の部下にお年玉を渡す習慣がある。

直接僕の仕事をしてくれるケリーとふぁちゃんには、

1万円を渡し、あとは掃除のおばさんに3,000円、

家のお手伝いのチョイ姐には2万円ほどを渡す。

なので、正月明けはいろいろと出費がかさむのだ。

というわけで、香港へ戻る直前くらいから、

目の前の現実空間に浮き出してくるように、

均一で、真っ白な、ハートの世界が、

重畳的に見えている。

ちょうど、ガラスの向こう側の世界と、

ガラスに反射して映っている背後の世界が、

重なって見えるような感じである。


〝幻想世界を映す薄皮のスクリーンは、

 実相世界(天国=ハート)に包囲されている。〟


が、実際に視覚化されてきたような、

なんとも形容しがたい感じなのだ。


道を歩いていても、仕事をしていても、

ずっと実相の世界がゾワゾワとたゆたっている感じ。

眼前でどんなことが起こっていたとしても、

これは嘘なんだ、と分からせてくれる光。


上澄みに映る幻想の世界の下に、

強烈な存在感で横たわるハートの世界が広がっている。


ある瞬間、ふっと気づいた。


あれ?〝これ〟しかないじゃん。

どこに行っても〝これ〟、何をしても〝これ〟。

なあんだ、もう僕たちは帰ってたんじゃないか。


今はまあ、こんな状態かなあ。


かといって、現実の厄介事が無くなったり、

毎日の日常が地上天国のようになるのではない。


例えば今日、メールをチェックしていると、

会計事務所から、2017年度の会計業務に関する

見積りが来ていた。

見れば、金額が去年の倍になっているではないか。

金額云々よりも、価格交渉が面倒だな、と思った。

そんな夢の中の想いを、聖霊兄貴に渡してゆく。

どうすればいいか、

夢の中にいる自分に解るように教えてください、

とお願いし、あとは沈黙…。


しばらくすると、

こういう出来事も灯篭に映る絵のようなもので、

結局その中心に在るのは、

ハート(実相)の〝これ〟だけで、

影にフォーカスしていても意味がないと、

まじまじ脱力してしまい、やがて、

〝これ〟を観ている自分さえもが〝これ〟、

のような感覚となり、ああ、全部勘違いだったんだ、

と、妙な安堵を覚えたのだった。

もし、今、目の前で誰かが怒鳴っていたとしても、

妄映は即座に〝これ〟のなかに消えていく。


非二元の人たちがやたら〝これ〟を連発したりするが、

いまなら、なんだかわかるような気がする。


というわけで、

書いていて表現の限界にきてしまった。

とりあえず、寝よう。

お休みなさいませ!