香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

もう終わっている世界



今回中国政府が、

国内に居住できる外国人の基準を発表した。

総合ポイントによってA〜Cランクに分類され、

Cランクだと中国政府が居住を排除する、

というもので、今年の4月から適用される。

政府の発表では、今後中国が主導権を取り、

来てほしい外国人にのみ来てもらう、

ということらしい。


世界ランキング100位以内の大学卒以外は0点。

60歳以上は0点。高卒以下は0点。

北京や上海などの大都市勤務の外国人も0点。


早速やってみたら、42点だった。


Aランクの外国人なんか、一体どこにいるんだよ。

そもそも、Aランクの人材は中国になんか来ねーよ、

それに、99.9%の中国国民がCランクじゃねーか…。

おっ、失礼!

と、ついつい悪態をついてしまいたくなるが、

ここまで来ると、赦すとかよりも、

もう〝お笑い〟の域に達している。

ということで、今日は何の赦しもなく過ぎていった。

なんか、最近、

自分の中でみそぎをして行ってるような感じがする。

というのも、

自分って本当に今回の生で夢から抜けようと、

用意周到に設定して来ているのだなあとつくづく思う。


このVR世界には、色んな設定の人たちがいて、

コースを実践されている方も、各々の境遇の中で、

各自の赦しのレッスンをされていると思うのだが、

いま、コースを実践している僕の場合で言うと、

年齢的には若すぎず、かといって年配すぎず、

結婚もせず、子供も持たず、ローンもなく、

安定した収入のある仕事があり、

その仕事も出張は多いが、休みも多く、

身体もまあまあ普通に健康である。


そして、これって、

赦しを実践してエゴを削除してゆくには、

とても恵まれた最高の設定ではないか、

と思う次第である。


自由になる時間やお金がある、とか、

家族を養う社会的責任が少ない、とか、

そういう意味での〝恵まれている〟ではない。

幻想世界のしがらみに巻き込まれず、

自分の内面だけと向き合い、

VR脱出のみに集中できる精神的ゆとりがある、

という意味で恵まれていると思うのである。


それに、人生で普通に訪れる葛藤、

例えば、恋や仕事やお金の悩み、人間関係、

セックスの欲望、作家になりたいなどの夢、という、

一通りのすったもんだをエゴエゴでやり終えた後に、

奇跡講座に出会ったのもラッキーだった、と思う。

35才のときにコースに出会っていたら、

もっとよりよい設定を手に入れたい、成功したい、

という欲望から来る向上心との狭間で、

いまこの瞬間をそのまま放っておく、とか、

誰かを赦す、なんて芸当はできなかっただろう。


なので、どんなに生活や子育てに追われていても、

もし、真にここから抜けようと決心しているのなら、

赦しだけでなく、必ず静かに自分に向きあう時間、

を忘れてはいけない、と思うのだ。

そうすることで、自分はいま夢を見ている、という、

100%の自覚に至る〝余裕〟が生まれる。


やはり、最後か最後に近い生では、

自分からあらかじめ目醒めやすい夢を設定し、

それを使って夢の世界から出てゆこうとする。

これが、イエスキリスト、ブッタ、デイヴィッド、

ゲイリーはじめ、その他の主なマスターたちが、

子供を持たなかったゆえんでもあるのだろう。


そういうわけで、香港に戻ってからは特に、

夢の中にいることを自覚して生活している感じだ。

周囲にいる人にもどこかリアル感がなく、

〝だって、あんた、夢の中の人なんでしょ。〟

と、実際につぶやいたりすることもある。


〝神は恐怖ではなく、愛である。〟


こっちの方がリアルになりつつある。

あとはもう、

前を行く兄貴の後に従うだけである。