香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

GO! GO! 富美加!

いま、

ワイドショー好きな僕の心を鷲掴みにしているのが、

幸福の科学へ出家した清水富美加である。

「やっぱり、新車に乗りたーい!」

と駄々をこねるコスモ石油のあのCM、

すごく可愛らしくて、大好きだったのにぃ…。


4月に主演映画の公開を3本も控えていて、

契約期間も5月20日までということであれば、

5月20日まで仕事して辞めるのが普通なのだが、

その数か月でさえ待てないほどギリギリだった、

ということか。

朝の連続ドラマ『あまちゃん』で主演した能年玲奈も、

同じような感じで事務所を突然辞めているが、

やはり、まだ自分が確立されていない幼いうちから、

色んなキャラの役を演じ続けていると、しまいには、

どれが本当の自分なのか、誰を信じていいのか、

分からなくなってしまうのかもしれない。

それで、彼女が信じてしまったのが大川隆法だった。


まあ、そんなことを言えば、僕だって、

自分の中の〝聖霊兄貴〟を信じているわけで、

胡散臭い点では、僕も彼女と五十歩百歩である。

ただ、地上ユートピアの実現を目指す幸福の科学と、

そんなものはない、と世界を取り消すコースとでは、

外へ向かうか、うちへ向かうか、において、

進む方向は全く逆である。

どちらがいいかは別として、普通の人から見れば、

どちらもかなり怪しいと言える。


そして、

自分が信じていること(僕の場合は奇跡講座)

は100%真実ではない、

まだ突っ込みどころがあるんじゃないか、

と言う部分をどこかで持っていることって、

スピをやるうえで、とても大切だと思うのだ。


まあ、魑魅魍魎の渦巻く芸能界にあって、

女優としてこうあるべき、という〝正義〟よりも、

きっと彼女は彼女なりのやり方で、

〝平安〟への道を貫いたのだろう。


一般企業でも、重要なポストについていたりすると、

「いま、自分が抜けたら会社は大変なことになる。」

と思ったりしがちだが、なんのなんの…。

たとえ重要人物がごそっと大量抜けしたとしても、

案外、社会はそれなりに回ってゆくものである。

だから、彼女が抜けたとしても、

すぐに代役が現れ、また夢の世界は回ってゆく。


なので、誤解を恐れずに言うならば、

「わが子を守れるのは自分しかいない。」

「あの人は自分にとって唯一無二の存在だ。」

「これをやれるのは自分だけ。」など、

〝自分がいなければ…〟や〝あの人がいてこそ…〟

は、すべて幻想である。

本当は自分が守りたかったり、

かけがえのない存在でいたかったり、

自分だけの表現をしたい、

と思っていたいだけだったりする。

そこをちゃんと認め、赦し、開け放ってゆく。

そして、もうひとつ。

『とくダネ!』で富美加を見ていて浮かんだのが、

〝感謝〟という言葉だった。

もし、自分で自分が分からなくなったら、

誰を信用すればいいのか分からなくなったら、

何はともあれ〝感謝〟だ。


相手や起きている物事のどの部分に感謝すべきか、

ということに焦点を合わせる必要はないと思う。

自分自身が常に感謝を通して世界を見れているか、

ということに焦点を合わせながら、世界を見てみる。

そうすることで周囲が神に変わってゆく。

なぜなら、

感謝の波動は最もハートに近い感覚だと思うから…。

僕は最近、

何かの物事を実行しようか、すまいかと迷うとき、

また、ある事を相手に言うか言うまいかと迷うとき、

それを実際に行なっている自分を想像してみて、

わわわっ、とわけもなく有り難いような、

相手に手を合わせたくなるような、

感謝の感じが湧き上がってくるかどうかで判断する。


昨日も、僕が財務諸表の数字をチェックしている時、

近くでユイとケリーがおしゃべりを始めた。

昨日のバレンタインデーの事をあれこれ話している。

おかげでなかなか数字に集中できない。

一瞬、ちょっと静かに、と注意しようかな、と思ったが、

先日、日本の電車の中で、鞄を地面に置いていた

オッチャンに言った時のような〝暖かい感じ〟が、

全く湧いてこなかったので、これは聖霊ではない、と、

結局、何も言わずに、ただ赦した。


そんなとき、グッドタイミングで、

九州の才女K女史からLINEが入った。

感謝することについての内容だった。


『兄弟に対するあなたの感謝の念のみが、

 私が望む唯一の贈り物である。』

『あなたが自分の兄弟に感謝の念を抱いているなら、

 神が創造したものについて、

 神に感謝していることになる。』

(『奇跡講座』 神からの報奨より)


おお、なんというシンクロ!


やはり、他者こそ赦すべき自分なのだ。