香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

春、ららら!


↑ 醬爆羊肉(中国東北料理)で夕食。ご飯が進む。

ここの所、

香港はじめじめした鬱陶しい天気が続いている。

日本はこれからが、桜満開、春本番となるのだが、

香港は、湿度99%の雨季へと突入する。

スコールが降る気持ちの良い雨季ではなく、

亜熱帯特有のシトシトジメジメした天気が、

これから1か月ほど続く。

洗濯ものが臭くなり、壁には黒カビが繁殖し、

クロゼットにはキノコが生えるのだ。


で、今日帰宅したら、

家じゅうに漂白剤の匂いが充満していた。

カビ防止のため、事前にお手伝いのチョイ姐が、

漂白剤で家中の壁や家具を拭いておいてくれたのだ。

これは、雨期に入る前に行なう儀式のようなもので、

スーツにもファブリーズを噴霧しておいてくれる。

こうしておくことで、

ウールの布地に、白カビが吹くのを防げるのだ。


というわけで今日、鹿児島行きの航空券を購入した。

香港−鹿児島間は、LCC便しかなく

今回初めて、香港航空というLCC航空を利用する。

トイレが二つしかないとか、座席が狭いなど、

口コミはイマイチのようだが、

兄貴が示してくれるシンボルを拾いながらゆけば、

僕に試練を与えるようなことはないだろう。

それに、現地では、

兄弟たちとの楽しい語り合いが待っている。

ようし!

湿っぽい香港を離れ、

お花見→温泉→焼酎→黒豚→鮮魚→語り合い、と、

おいしいものをいっぱい食べ、美味い酒を飲み、

九州の春を思いっきり満喫するのだ!ゴーッ!


↑中国の人は茶碗を手に持って食べる習慣がない。
 テーブルの茶碗に顔を近づけて食べる。

で、最近何でかわからないのだが、

時間があれば、奇跡講座のテキストを読んでいる。

出張に持って行きやすいように、硬い背表紙を切り、

ぐにゃぐにゃになるようにして持ち歩いている。

もともと中の紙は薄く軽いものが使用されているので、

表紙の芯を抜けば、すごく軽くなる。


そして、実を言うと、

僕はまだテキストを読破していないのだ。

あと130ページほど残っている。

皆さんと同様、読み始めると眠くなるので、

なかなかページが進まないのである。


それがここ最近、眠らずに読めるようになった。

電車の中で、みんなスマホを眺めている中、

分厚い日本語の本を広げている僕って、

なんかシュールでイケてるぅーっ、

と思うのは自分だけだろうか。(←そうだよ by 読者)


コースの文章は学術的で難解だと言われるけれど、

僕は全然そんなことないと思う。

口語体で書かれているし、

聖書が分からなくても理解できるよう、

文も丁寧に吟味して書かれている。


まあ、これも、僕がテキストを読み始めるより前に、

ハレ師匠が奇跡講座の全ての理論を図解にし、

系統立てて抗議してくれたお蔭である。

〝毎日、毎分、刻一刻、あなたは恐怖の時間が、

 愛の座を奪ったあの一瞬(第4分裂/ビッグバン)

 を再び生きているだけである。

 それ故にあなたは、過去と現在の間の

 本当は実在しない隔たりを超える時まで、

 毎日、死んでは再び生きることを続けている。

 すなわち、全ての時間は、すでに終わったものが、

 依然として今ここにあるという、

 狂った信念に他ならない。〟


〝過去を赦し、それを手放しなさい。

 兄弟を優しく見つめ、

 それから、この世界を眺めなさい。

 そこでは、あなたの憎悪の知覚が、

 愛の世界の知覚へとすでに変容させられている〟

(『奇跡講座』 第26章 過渡期〜小さな妨げ〜より)


仕事中や家にいる時に〝ふっ〟と浮かんでくる、

過去に出会った人たちとのさまざまな憎悪劇場、

仕事や家族関係ですったもんだしていた頃のこと、

ちょっとしたすれ違いで疎遠になった友人のこと、

こういう小さな過去の出来事を赦し、見送ることは、

エゴを選び、ビッグバンが起こったあの瞬間の、

恐怖と絶望を赦しているのと同じことなのだ。


そうやって、

罪悪感への信念を否定し、兄貴に向かって、

平安と感謝(愛)への入れ替えを要請してゆく。

日常の生活を明け渡すことで、

ビッグバンなど起こってなどおらず、

ハートの至福はすでにここにあることを知覚する。


なぜなら、僕はもう、

死んでは生まれるという幻想を繰り返すことを

放棄すると決めたのだから…。