香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

おいどん鹿児島へGO!でごわす

昨日は工場の管理部のみんなと一緒に、

四川料理を食べに行った。

外国人向けの清潔でスマートなレストランではなく、

四川省から来た女工さんが通う本格的な店で、

それだけに、味も本格的だ。

もう、おいしい、とか、おいしくない、の問題ではない。

また、辛い、とか、辛くない、といったレベルでもない。

痛いのだ!舌が痛い!口が燃えているのだ!

海坊主総経理は、お椀にお茶を注ぎ、

料理を洗いながら食べていたが、それでもきつい。

案の定、あくる朝、お尻がえらい事になっていた。

食べながら思った。

辛い、とか、甘い、とか、美味しい、とか、まずい、とか

これって、舌の上だけで起ってることなんだなって…。

喉元過ぎれば、肉を食おうが、パンを食おうが、

四川料理だろうが、広東料理だろうが、同じだ。


そういう意味では、

味覚も舌の上だけで起きている幻想だ、と言える。

実際、四川省の人は、この激辛料理を普通に美味い

と言って毎日食べているわけだし…。

ただ、味覚に差を見て、

「このワインはチリのカルメネールでどうのこうの。」

「わたし、ウニはダメな人だから、どうのこうの。」

とか言ってるだけだ。


なので、聖霊兄貴からくる愛と慈しみの延長として

味覚を感じてみると、たとえ腐ったものを食べても、

〝愛の味覚〟にしか感じられないのかもしれない。

〝愛の味覚〟かあ…。

お母さんが子供の為に愛情込めて作った料理の味、

みたいな?

というわけで、今、空港で書いている。

数時間後には鹿児島である。

初めてのLCC香港航空なのだが、

手荷物が無いので、自動機械チェックインで、

スムーズにチェックインできた。

カウンターチェックインでは、

もう行くのをやめようか、と思うくらい、

何百人という人が並んでいた。


日本は、お天気がちょっと心配。

でも、雨の方が花粉が飛ばなくてよい。

花冷えの日本もオツなのだ。

〝愛の味覚〟をいっぱい味わってこようっと。


では、行ってまいります!