香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

気持ちいい日曜日〜鹿児島三日目〜



鹿児島三日目。

K代さんは午前中はお仕事だったので、

僕とK女史とで、近くの温泉へ向かった。


日曜という事もあり、正午近くの温泉は、

九州男爺たちの社交場と化していた。

しかし、僕は彼らの会話が全く聞き取れない。

最初は、韓国語か何かだと思っていた。

だが、一人の九州男爺が、娘婿らしい男に、

訳のわからない言葉を発し、娘婿らしい男が、

「はい。わかりましたあ。」と答えているのを聞いて、

ああ、これ日本語だったんだあ、と気づいた。

そういえばK女史も、

ちょっと気を抜いてK代さんと早口で喋り出すと、

半分くらいは聞き取れなくなる。


でも、なんか、方言が話せるって素敵だな、と思う。

僕も、普段は香港にいて、たまに大阪へ帰省すると、

べったべたな関西弁になるが、話しているうちに、

すごくリラックスでき、素の自分に戻れるのだ。

そうやって、露天風呂に浸かり、

爽やかな春の空気を感じながら、この瞬間に起こる、

意味づけが始まる前の〝きっもちいいー〟

の感覚だけに留まり続けた。


この〝きもちいい〟という感覚は、

温泉に入っているから生じているのでもなく、

春だから起こっているのでもない。

ただ、ここで、いま、起こっている。


やがて、ワクワクするような、どこか切ないような、

安心しきっているような感覚が、

肉体だけでなく、空間にまで広がっていくのを感じる。

それがハートであると気づく。


どんなに急いでいても、どんなに怒っていても、

どんなに慌てていても、感じているのはハートだけ。


多分、こういう感覚への理解が起きたのはきっと、

香港という大都会から、九州の大自然へと、

環境を急激にシフトさせたからだと思う。

そういう意味で、

今回の旅は、あらかじめ仕組まれていた旅であり、

その中で兄貴が最大に采配を振るった旅でもあった。


↑ K女史所有の野菜畑。
  動物から野菜を守るためのアーチ。芸術的!

お昼から、K代さんも加わり、僕のリクエストでもある、

九州黒豚カツを食べに行った。

すごいボリューム!柔らかい!地元なので安い!

もう、たまりまへんわあ〜。となぜか関西弁となり、

黒豚を堪能しきった後、空港へ向かった。

空港でも、まだ搭乗までに時間があったので、

レストランでパフェを食べながら、ぺちゃくちゃ話した。

そこでは、来年あたり、

K代さんのヘアサロン『Jalan』を開放し、

デイヴィッドのセミナーを開催するかも、と、

かなり具体的な妄想話まで飛び出し、

わくわくしながら鹿児島を後にした次第であった。


↑ K代さんのサロンにあるン百万円もする
  血液と細胞を整える機器。
  平安の真っ最中で恍惚状態のボク!
  でも、なんだか介護されてる人みたい。

というわけで、

今回の鹿児島の旅は、短い時間ではあったけれど、

とても充実した、癒しとハートに満ちた時間だった。

こういう時間と空間を提供して下さった、

K女史とK代さんの暖かい心遣いに本当に感謝です。

誠に、誠に、ありがとうございました。