香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

香港男爺



あさってからイースター(復活祭)の4連休が始まる。

大きな連休があるたび、会社員でよかった、と思う。

お金を貰いながら、安心して休めるからだ。

これぞ、会社員の唯一にして最大の醍醐味である。


まあ、毎年、イースターの祭日は食料を大量買いし、

家から一歩も出ずにお籠りをして過ごしているが、

今年も多分、家で、ワイン三昧、映画三昧、そして、

ちょびっと小説、という感じで過ぎてゆくのだろう。

と言うわけで、昨日、ジムの帰りに、

水虫のクスリ〝むくげチンキ〟を買おうと、

中国大陸系の百貨店へ立ち寄った。

ついでに、店内を一回りしてみる。

キッチュなものがたくさん並んでいて、面白い。

けばけばしいアクセサリーや食器、

個性的な中国家具、楽器に虫取り網、

春節の被りものまで売っている。

店員さんも落花生を食べながらお喋りをしてて、

なんだか、毛沢東時代の中国に迷い込んだみたい。

観光客用の洗練された中国百貨店もあるのだが、

断然ここの方が、チープで濃ゆい。

この百貨店、ジムの帰り道には必ず通るし、

まだまだお宝が眠ってそうなので、当分通うつもりだ。

で、これを買った。

ジャーン!シークレットシューズ!

身長167㎝の僕が、何と、178㎝になるのだっ!

履いてみたが、全く違和感がない。普通に歩ける。

ズボンの裾も、ちんちくりんにならない。

しかし、会社に履いていく勇気がない。

それはなぜか?WE CHATで一斉送信されるから。

で、ここ数日、赦しの対象になっているのが、

九州男爺、ならぬ、香港だんじい、たちである。

何しろマナーが悪い。目つきが悪い。

最も性質の悪いのが、60代〜70代の老人たちで、

逆に高校生や大学生の方が礼儀正しく親切である。


例えば、

バスを待っている列を無視して我先に乗ろうとする。

何も買わないのにマックのボックス席を占領する。

信号は赤でも渡る。轢かれそうになると怒りまくる。

公園で子供がボール遊びをしていると、

保安員を呼び迷惑だからやめさせろとわめく。

子供同士の鬼ごっこもだめ、

シャボン玉もダメで、ベンチも独り占め。

乗り物で、空席がひとつしかなければ、

妻が杖をついていてヨロヨロしてても、自分が座る。

レストランで、店員のサービスが悪かったり、

料理が遅かったりすると、必ず文句を言い、

タダにさせたり、何かオマケをつけさせようとする。

他の多くの香港在住日本人ブログでも、

目に余るこれら利己的な老人がよく登場する。

そして、なぜか、そういうことをするのは決まって、

60歳代から70歳代の男爺で、

他の世代の人たちは、絶対にそんなことはしない。

僕が思うに、彼らがまだ若かった頃の香港は、

イギリスをはじめ、多くの列強に統治されてきた。

また、役人の汚職や香港マフィアなど、

中国人の庶民は搾取され続けてきた。

そんな彼らは自分たちの家族や生活を守る為に、

時にはずる賢く立ち回り、時には奪いながら、

戦々恐々と生きてきたのだろう。

年金もないので、歳を取れば子供に頼らざるを得ず、

香港のお年寄りの生活は決して楽ではない。

80歳くらいの人でもタクシーの運転手とかしている。

と、ここまで書いて、

これが赦すべき自分なのだと、認識する。

外部に現れている、

自分の無意識の投影物としての香港だんじいを、

しみじみと観察し、罪はなかった、と赦してゆく。

それから、兄貴の訂正と取り消しを受け入れる。


でも、なんで今さら香港だんじいなのだろう。

彼らの存在は、もう何年も前から認識していたのに、

なんで今ごろになってヒットしてくるのか。

全く訳がわからない。


でもまあいい。

粛々とやってゆくのだ。