香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

はじめての出来事


↑ 龍の雲が日本列島を横断

今週は、ずっと香港でお仕事をしているのだが、

朝から晩まで自分のデスクに座りっぱなしだと、

夕方頃には、足がタコのようにフニャフニャしてくる。

ジムに行きたいのだが、平日夜はすごく混むので、

週末に裏の山を散歩して足腰を鍛えることにする。


で、今日、受け取った業務メールが全部で17件。

そのうち自分宛のものが7件で、他はCC:のものだ。

秘密プロジェクトもあり、決して暇な訳ではないのに、

なぜか業務上の厄介事が次々と自分をスルーしてゆく。

同僚、友達、店員さん、みんなが穏やかで優しい。


あっ、俺、いま、嫌な人が一人もいないと気づく。

嫌悪するような、辛い出来事もない。

人生初の状況に少々戸惑い気味である。


僕の日常も、僕の内面も、全く変わっていないのに、

幻想の世界だけが変化してゆく感じ。


そういえば、絶対に書くな、

と本人から念押しされているので、詳細は割愛するが、

兄弟てっちゃんも、映画『祈りのちから』の、

主人公の身に起きたような奇跡的出来事が、

職場で起こっているという。

絶対に書くな、て言われたから、書かないけど…。


でも、こんな時、救済は本当に起こっているのだな、

と、静かな確信に包まれる。

それに、みんなでシンクロしあいながら、

同時に進行しているのだ。

というわけで、最近、

奇跡講座のテキスト編を常に持ち歩き、

電車の中や喫茶店、昼休みに読んでいる。

1年前まで「眠れぬ夜は、睡眠薬より奇跡講座を!」

というくらい、数行読むだけで爆睡できたのに、

今では、エロ小説を読むより官能を覚える。

読んでいると、なぜか細胞のひとつひとつが、

きゅっと締め付けられるような感覚に陥るのだ。

これは決して比喩ではなく、

数行読み進めては、ぎゅぅーっ、となり、

少し休んではまた読み始める、を繰り返している。

まるで、身体の中で量子が弾けるような感じで、

決して不快ではないのだが、ともすると、

身体がギシギシ分解されてしまいそうになる。


そんなある日のこと、

って今日の昼休みのことなのだが、

救済(幸せな夢)をさらに受け入れるために、

日常生活の中で、具体的に何をしてゆけばよいのか、

今の自分に合ったカタチで教えてください、

と兄貴に訊いてみた。


そのあと、奇跡講座のテキストをパッと開くと、

《幻想の背後にある真理》という項目が出てきて、

そこでは、救済があなたに求めること、として、

おおむね、次の5つのことが示されていた。


1.もとより誰も行なっていないことの全てを赦すこと。

2.存在しないものを、ただ通過させること。

3.非実在のものを実在のものとみなさないこと。

4.聖なる神の子の意志が行なわれるに任せること。

5. 神の子は夢の世界など必要としない。


5つに分類したのは自分なのだが、

上記の内容を別の言葉で表せば、次のようになる。


1.それは起こってなかった、として全てを赦すこと。

2.個の想いを、消えゆく姿としてただ明け渡すこと。

3.実在しないものに戦いを挑まないこと。

4.個の自分でやらないこと。

5. 神の子の自覚の中に留まっていること。


結局、

コースが僕達に求めているのはこれだけなのだ。

そして、この5つのことは、

あくまで自己の内部のみで為されるものであり、

逆に言えば、外側で起きていることに対して、

僕たちがコース的に何らかの対処をするとすれば、

それは、心の中のみで実践される、ということだ。


それでも、こんなこと、

今の自分だから100%受け入れられるのであって、

普通の人の観点からすれば、お前人間やめる気か、

と言われるくらい、相当過激である。


まあ、結局、

夢は夢として、無いものは無いものとして扱え、

という一つのことに集約されるのだろう。


そうこうしているうち、

深夜、リビングでこの文章を書いていると、

突然、空間がびゅんびゅん波打ち始めた。

白いものが、彗星のようにさっと空間を横切る。 




こわい!