香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ビューティー・インサイド

     

日本はゴールデンウィーク真っ盛りのようであるが、

香港も、労働節と、お釈迦様の誕生日の祝日があり、

飛び飛びのプチゴールデンウィークとなっている。

それで、うだうだと休日を過ごしていると、

今年2月に兄弟てっちゃんちで観た韓国映画、

『ビューティー・インサイド』が、

WOWOWプライムで放送されていたので観た。


これは、主人公の男性が、18歳の誕生日を境に、

毎朝目覚めたと同時に、違う姿の人間になっている、

という奇想天外な物語で、

そんな主人公が、ある女性を好きになり、

超イケメンになった日を狙ってその女性とデートし、

恋を成就させたはいいが、数日後、

不覚にも眠ってしまったため、容姿が変わってしまい、

その女性とは会っても本人とは分からなくなる。

しかし、紆余曲折の末に事の真相を知った女性は、

苦悩しながらも、その主人公を受け入れてゆく。


ここには、

二つの大きな赦しのテーマが差し出されている。

ひとつは、肉体がどのような変貌を遂げても、

奥に在る、変わらぬ一人を愛することができるか、

もうひとつは、他者からの承認を得られなくても、

その人を真に愛せるか、ということである。


例えば、

自分が男で、ある女性を好きになり、結婚したとする。

しかし、突然その女性の外見だけが男に変わったら、

又は醜い老人に変わってしまったら、

それでも、以前と同じように、その人をその人として、

一生の伴侶として愛し続けることができるのか、

また、友人や身内の前で堂々としてられるのか…?

精神的にはできると答える人はいるかも知れないが、

その姿と一生を共にし、普通の夫婦と同じように、

セックスもするとなれば、話は別だろう。


まあ、実際にセックスをする、しないは別にして、

僕達はやはり、外見も含めてのその人を愛している、

と認めざるを得ない。

愛はどこから生まれてくるのか、と訊かれても、

この映画を見てしまうと、安易に〝内面からだ〟

とは言えなくなってしまうのだ。


↑ 上野樹里出てるよ!
映画の中で、全てを赦し、受け入れた彼女が最後、

男、女、老婆、死斑の出た老人、禿げたおっさん、

ケンの立ったおばあさん、5歳の子供、黒人、など、

あらゆる人物とキスをするシーンが出てくるのだが、

それは、

表面に顕われているものに惑わされることなく、

あなたは、

奥に在る一つのものだけを愛することができますか、

という、究極の愛を象徴して見せている。


そういう意味で、この映画は、

毎日輪廻転生し続ける人の物語でもある。

実際、僕たちも、過去愛し合った人たちを、

見分けられずにいる。

また、それでいいのだと思う。


結局は、

全てを同じものと観る眼差しを獲得することで、

僕たちは一つであったことを知るのだ。


それにしてもこの映画、韓国映画には珍しく、

女が泣きわめいたり、お金持ちが威張ってたり、

男同士が殴り合ったりするシーンがひとつもなく、

静かに、気持ちよく、最後まで鑑賞できる映画だった。