香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

僕のトレーナー



パーソナルトレーナーの体験トレを受けに、

コーズウェイベイ(香港の新宿)まで行ってきた。

そのジムは、普通のフィットネスクラブとは違い、

必ず契約をしたパーソナルトレーナーと一緒に

トレーニングを行わなければならない。

今回、僕を担当して下さったのは、天田さんという、

3月に香港に来たばかりの日本人トレーナーの方で、

総合格闘技なども教えておられる。


最初に体重や体脂肪などを計測してもらった。

体重64キロに対し、何と体脂肪率が25%もある!

(普通の40代男性は12%〜20%が標準値。)

4分の1が脂肪だなんて…。劇的に落ち込む僕に、

「大丈夫です、僕に任せてください。」

を繰り返す天田さん。

今年のお盆までに、体重58キロ、体脂肪率18%

を目標にメニューを組んでもらうことになった。


まずは、ダンベルプレス20KGから始める。

普段は30KGでやっているので楽勝かと思いきや、

彼の指導通りにやると、10回上げるのが精一杯。

それを3セットもやると、筋肉痛で動けなくなった。

腹筋も10回やっただけで筋肉が攣りそうになる。


こうやって見ると、いかにこれまでの、

自己流のやり方が間違っていたのかがよくわかる。

それに、ちょっとしんどくなってフォームを崩すと、

「あっ、いま反動使った。もう一回追加!」

「肘を下ろすのが浅すぎる!もう一回!」

「もっと腹筋を収縮させて!まだ降ろしちゃダメ!」

と、トレーナーの激ががんがん飛ぶ。

途中で、もうだめです、と言っても、

「ちゃんと補助しますから最後までやりましょう。」

と、絶対に許してくれない。

なかなかの〝スポ根〟系である。

そうやってガンガン追い込んでくれたおかげで、

自分ひとりでやると、

途中で放り出してしまっていたであろうメニューを、

ちゃんと最後までこなすことができた。


筋トレを終え、再度、今後について話し合った。

一応、割れた腹筋と隆起したくっきり胸板を目標に、

お盆まで、週二回でトレをしていくことになった。

これから夏にかけて出張も多くなるので、

事前に秘書のケリーに話し、

スケジューラーに組み込んでもらっておかねば…。

彼女は、僕に急な仕事が入ったり、

交通機関が遅れたりすると、連絡をして、

スケジュールを調整してくれるのだ。


というわけで、今日から、

一日に摂取した全ての食べ物や飲み物を、

逐一LINEでトレーナーに報告することとなった。

そうやって、人に見られていると思えば、

「こんなの食べたら注意されるからやめておこう。」

と、自然に自制心が働くから不思議だ。


それから、

今後、歩くときは大股でふくらはぎを意識して歩き、

階段やエスカレーターは、

2段飛びで上るように指導さされた。

帰りに試してみると、これがなかなか効く。

「どうせ、同じ距離を歩くのなら、

代謝を上げる歩き方をしないともったいない。」

というのがトレーナーの持論だ。

    

おおっ、これは、ひょっとして、

〝ナイスバディ見せびらかし行脚の旅〟

行けるかも?

あっ、ビフォーの写真撮っとかなきゃ。

乞うご期待!


というわけで、

どうすればよいかを知っている誰かに、

完全に委ねるって、なんか、心地いい。

いずれにせよ、今後は、他者の肉体と同様、

自分の肉体もきちっと慈しみ、赦してゆくのだ。


まあ、兄弟が兄貴の化身であるならば、

聖霊兄貴に委ねるのと、兄弟に委ねるのは、

同じ意味を持つ、と勝手な持論を展開する僕である。