香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

天国強制帰還道場



筋トレも回を重ねると、男同士ということもあり、

トレーナーといろんな話をするようになる。

今日も、ダンベルを下ろす位置を説明する際、

もうちょっと上、とか、ちょっと下、とか言うので、

「位置としては、ちょうど乳首の上くらいですかね。」

と僕が言うと、トレーナーが気まずそうにしている。

聞けば、乳首とかバストトップという言葉は、

トレーナーの間では禁句なのだとか…。

男性の乳首の位置は大体決まっているが、

女性の場合はまちまちなので、

「では、バストトップにバーベルを持って行って。」

と言うと、わき腹の位置に持って行く人もいて、

セクハラにつながるというのだ。

とはいっても、

相手の身体に触れざるを得ない職業なだけに、

女性への言動には本当に気を遣うのだという。


香港にはセクハラ防止法というのがあり、

人事担当の僕も昔、講習会に参加したことがある。

「その服きれいだね。」まではセーフだが、

「その服セクシーだね。」はセクハラでアウト、とか、

相手の胸を指さして話をしたらセクハラ、とか、

なかなか奥が深かった。

しかし、セクハラホットラインが開設された当初、

最初にかかってきた20件が全て、

女性上司からセクハラされている男性からだった。

そんなところも、女性が強い香港らしくて面白い。

〝ただ騙されていることに気づいてそれを赦すだけ〟

状態になって、だいぶ月日が経とうとしているが、

ハートからくる平安の感覚は増しつつある。

先日、誰を見ても聖なる感じに見えると書いたが、

それは、神々しいとか、そういう偉大なものではなく、

ソファに座ると、ただこれは愛に満ちたソファだあ、

となり、ふぁちゃんと電話で話すと、

この人、世界一のふぁちゃんだあ、と感動し、

人とすれ違えば、なんて素敵なんだ、と感謝を覚え、

わけもなく感謝したいような気持が溢れ出すのだ。


なんで、こういう感覚になるのかと考えたとき、結局、

相手のどの部分に意識の焦点を合わせているか、

個の相手の部分か、聖霊の部分か、ということなのだ

と気づいた。


例えば、わがままで、独断的で、陰険で、

他人の批判ばかりしているような人がいたとする。

その人が、ある日、何かの弾みで、

ありがとう、と、笑顔で言ったとする。

それは、個のその人の中に一瞬垣間見せた、

聖霊の微笑みだったのかもしれないが、

聖霊を選んだ心は、その一瞬の一点だけに、

100%の意識を向け、〝笑顔でありがとう〟を、

相手の100%にしてしまう。

その瞬間、わがままで陰険な相手の存在が消え、

やがて、笑顔でありがとうな相手が、

現実のスクリーンに投影されてくるのだ。


慣れてくると、

相手のやっていることがみんな嘘に見えてくる。

話は変わり、昨日、佛山工場で、

購買課の日本人(40歳/男/独身)の髪が伸び、

散髪に行きたいけど、言葉も話せないし、どうしよう、

みたいな話をしていたので、

じゃあ僕も散発するので、今夜一緒に行きましょう、

ということになったのだが、その夜、皆で飲んだ帰り、

僕はそのことをころっと忘れ、みんなと別れた後、

一人で散髪に行ってしまった。

あくる朝、何となくよそよそしい態度の彼を見て、

あっ、と思い出した次第である。

あ、ごめんね、と素直に言えば済むことなのだが、

なんとなく、そのまま会話をしないまま、

香港へ帰ってきてしまった。


まあ、しょーもないこと、と言われればそれまでだが、

そこは、幻想を終わらせようとする実践者の僕。

即行〝気づいて、見つめて、明け渡す〟を実行する。


この〝ブッチ、一人で散髪行っちゃった事件〟

の裏に隠されているのは、

裏切ったという想いから来る〝うしろめたさ〟だ。


そのうしろめたさをじっと観察する。

自分は騙されているんだ、と認識する。

もとから何もしていない彼を赦し、兄貴に明け渡す。

あとは兄貴に任せておく。


〝天国強制送還道場〟での心の筋トレも、

ますます佳境に差し掛かってきた。