香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

唯一無二の願望


↑必死のパッチで朝ごはん食べてます。
またまた、大いなる赦しの日が近づきつつある。

またまた、これから暑い暑い赦しの夏が始まるのだ。

しかし、3年前のようなびゅんびゅん感は全くなく、

かといって、聖霊兄貴に任せ切りながらも、

「兄貴、ちゃんとやってくれてるかな。チラッ…。

 兄貴に任せて状況はよくなったかな、チラチラッ!」

という、兄貴を使おうとするスケベ心もない。


自分にはもともと罪などなく、この世界も無い。

故に、在ると思い込んでいるエゴの罪悪感を見つめ、

元から何も起きていない全てを手放すことで、

兄貴に間違った知覚(世界)を取り消してもらう。

その後に起こることは、全て聖霊に委ね、任せ切る。


こういうふうに書くと、少々洗脳チックな感じがして、

なんとなく、後ずさりしてしまう人も多い。

自分のしたいと思うことや、叶えたい夢なんかも、

全部聖霊に任せ、自分でやってはいけないのかと…。

例えば、

役者になりたい、歌手になりたい、作家になりたい、

という夢に向かって努力してはいけないのか、と…。


↑ 毎日朝ごはんを買うおむすび屋さん。
これはあくまで、今現在の僕の見え方ではあるが、

僕の場合、聖霊兄貴の方が本当の自分だと、

意識がシフトしてくると、ふっと思い浮かんだことが

イコール聖霊兄貴の想い、という感じになっている。

自分の想いと兄貴の想いが一致してくるのだ。

そうなると、例えば、本を出版したい、と思ったとき、

それは兄貴の想いと同じこととして感じられる。

そして、本を出版したいという想いが湧き、

それが兄貴の想いだと信頼して任せ切った瞬間、

自分の心の中では、すでに本は出版されていて、

願いは叶えられている、というふうな感覚になる。


これが、エゴの自分(個人の自分)を本当の自分だ、

と信じていた頃は、出版社はどうしよう、とか、

これだと採用されないからこういうふうに書こう、とか、

自分の作品などこんな大きな出版社は無理だ、とか

いろいろ悩んだ挙句、結局、自分の身の程に合った、

これなら無力な自分でも大丈夫、という形態で

作品を発表をしようと模索する。


それが、

兄貴に100%の信頼で任せ委ね切っていると、

思った時点で、もうすでにベストセラー作家である。

根底に大きな〝叶った感〟があるため、

ちょこまかちょこまかと動き回ることもない。

また、心の中で、どうやって叶うのかな、チラッ!

たまたまネットを見たら出版社の広告があったぞ、

これって、兄貴からのメッセージなのかな、チラッ!

というのもない。


それは、ベストセラー作家になって初めて、

「夢がかなった!やった、やったーッ!」ではなく、

思ってる今がすでに〝やったーッ!〟だからである。

後は、書きたいものを平安の中でただ書くだけだ。

全てのタイミングは全て兄貴が決定している。

だから自分は今、この幸せな夢の中で、

やりたいことを思いきりやればいい。

そのための生活の面倒は兄貴が見てくれるから。

ただ、兄貴と繋がってゆく過程にも段階はあると思う。

僕の場合も、最初の頃、

どこか別の場所にいる兄貴に何かをお願いする、

別人格の兄貴にお伺いする、という時期があった。

そこを経て、だんだん兄貴の想いと自分の想いが

一致するようになっていった。


しかし、ひとつ言えるのは、

願望を叶えるために赦しをするのではなく、

願望成就のために兄貴がいるわけでもない。

そんなものとは比べ物にならない場所へと、

兄貴は、僕達をいざなおうとしている。


願望なんて、叶っても叶わなくてもいい、

と達観してできたとき、

唯一無二の願望は達成されるのだ。