香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

祈りのちから -PartⅡ-


↑中古車屋さんに会社のバンを売りに行った。
 交渉の末、310万円で買ったホンダのバンが、
 111万円で売れた。現金を紙袋に入れて持ち帰り、
 即刻、ふぁちゃんに渡した。


今日、仕事を終え、地下鉄で家路を急いでいた時、

自分のすぐ眼前に、半パンにTシャツ姿の男性が、

スマホを見ながら立っていた。

30歳くらいだろうか、

見れば、首も、足も、腕も、顔も、

全身ひどいアトピー性皮膚炎に覆われている。

ステロイドの後遺症なのか、肌がただれたように、

シワシワになり、粉が吹いたようになっている。

が、本人はもう慣れっこになっているのだろう。

さして気にする風もなく、スマホをいじっている。


彼を見ているうち、自分が背負わなかった何かを、

彼が肩代わりしてくれているように思えてきた。

「彼の肌を世界一きれいな肌にしてください。

そして彼が世界一幸せになりますように…。」

気が付けば、僕は聖霊に祈っていた。


はなから何もしていない彼はすでに赦されている。

実在でないものを実在としない。

ただ、自分は騙されているだけなのだ。

こんな、ありもしないモノなんかに負けるな!

心の中で彼の中の〝何か〟に祈った。


そう兄貴に祈っていると、突然、

「ああ、この人のアトピー、もう治ってるわ。」

と、僕の心の中に100%の確信が生まれた。


もちろん、ほんの数分電車で隣り合わせた、

もう二度と会うこともない彼である。

しかし、聖霊兄貴にお願いをした瞬間、心の中では、

すでに彼は完璧に無実であり、

病気なんかあり得ない存在となっていた。

なぜなら、

それは治ったと〝神の子の僕〟が宣言したから。


彼は、僕が降りる駅の一つ手前で降りて行った。

そのとき、僕はその彼を、普通の皮膚に戻った彼

として見送っていた。


イエスもきっと、

こうやって病人を癒やしたのだろうな、と、思った。

それは、奇跡でも、魔法でも、何でもない。

それは、ただ、相手を尊い兄弟として慈しむ心であり、

どこまでも兄弟を、無辜で完璧な存在として見つめる

優しい眼差しだったのだ。


だからと言って、Jのように、

どんな状況下にあってもこのような眼差しが持てるか、

と言われれば、まったくまだまだではあるが、

たとえ一瞬でも、この感覚が持てたことが嬉しかった。


↑中国版リカちゃん人形、らしい…。

今日もトレーニングだった。

昼間にちゃんと栄養を摂るようになり、

きついトレにも付いて行けるようになってきた。


トレの最中、天田トレーナーが僕に言った。


「星谷さんが来て少し経ったころからですかね。

 何でかわからないんですけど、

 周りの同僚たちがなぜかすごく優しいんですよ。」


それまでは、独立採算制のトレーナー同士、

生徒の取り合いや、保身からくる攻撃など、

どこかギスギスしていて、

特に日本人の客を独占している彼には、

わざとマシンを使わせないなどの嫌がらせもあり、

いろいろ大変だったらしいのだが、

ある日を境に、なぜかみんな、

気持ち悪いくらい優しく話しかけてくるのだという。


あれ?それって、オレのパターンとおんなじじゃん、

と思った瞬間、ああ、そうか、と納得した。

自分が赦せば、赦した相手も、

自動的に周囲を赦していることに気づいたのだ。


自分が赦した相手が優しくなるということは、

相手の心の中にも何らかの変容が起きたからであり、

その変容が、相手の周囲に伝播したのだ。


僕はいままで、自分が心の中を赦したら、

自分の周囲の世界だけが変わると考えていたが、

そうではなかった。


赦しは伝播する、ということを実感し、

すっごく嬉しくなった今日の僕であった。