香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

肉体改造中間報告!


↑あと6週間。まだまだ行くよ!

香港の日本人トレーナーに付いて肉体改造を始め、

ついに6週間が経過した。全24回のセッション中、

ちょうど半分を終えたことになる。

筋肉を痩せさせない為に、食事は3食きっちり食べ、

おにぎりも食べているのに、体が引き締まってゆく。


だがもう、週二回のトレーニングがマジでしんどい。

中でも、バーベルを背負ってのスクワットは強烈で、

終わった直後は、呼吸困難で身動きができない程だ。

それでも、腹部の脂肪を削ぎ落そうとすると、

スクワットは必須のエクササイズなのだという。


あまりにも辛いので、今日、とうとう、

お金なんか返ってこなくていいから、もうやめたい、

と、トレーナーに弱音を吐いてしまった。

トレがしんどいからやめたい、とは言えないので、

仕事が忙しくて休みたいと告げたら、トレーナーは、

僕のビフォー・アフターの比較写真を作ってくれ、

あと6週間頑張れば、胸の下に、割れた腹筋が、

くっきりと浮き出してきますよ、と言った。


そう言われれば、もう少しがちっとした腹筋が欲しい。

それに、ここで止めてしまえば元の木阿弥だし、

今までの努力も無駄になる。

で、何とか7月末まで続けようと決心した。


こうして自分の身体を客観的に見てみると、

やっぱりトレーナーってプロだな、と感心する。

もっと厚い胸板を、という当初の注文に、

トレーナーはちゃんと答えてくれているのが分かる。


というわけで、あと6週間である。

この身体がどこまで進化していくか、乞うご期待!


↑右がアフター。腹、わざと引っ込めてないよ!
 本当にわき腹に窪みができている。

それで、今日はトレがないのでうれしいのだ。

でも、お尻の付け根と胸はいつも筋肉痛状態である。

今日は、夕方から香港の総経理と、

セントラルにある労務顧問会社を訪ねた。


人材紹介のインテリジェンスの系列会社で、

6月末に解雇する香港フタッフの手順について、

打ち合わせをしに行った。

通常解雇にするか、余剰人員整理にするか、

即時解除にするか、一か月前通告にするか、

補償の計算方法や必要書類の書き方など、

ひとつひとつを話し合ってゆく。

労務会社の担当の女性は日本人で、

あらゆる質問にも淡々と即座に答えてくれる。

ああ、ここにもプロがいる。


仕事、肉体、家事、スケジュール管理、

果ては、この夢の世界からの脱出まで、

何から何までプロにお願いして、これでいいのか。

お前は一体何をするんだ、と言われそうだが、

小説でも書いていることにする。


結局、本人には即時解雇で去って頂くことになった。

即時解雇の場合、終業時間少し前に本人を呼び、

総経理と僕が雇用契約の中止を告げる。

そして、

必要書類にサインをしてもらったら小切手を渡し、

30分以内に私物を整理して、会社から出てもらう。

本人が去ったら即座にオートロックの番号を変える。


僕はもう何十年も人事をやっているので、

何度もこういうリストラは行なってきているのだが、

やはり、何べんやっても嫌なものである。


しかし、これもまた〝取り消されてゆく姿〟であり、

兄弟も自分も何もしていない夢の世界なのだと、

粛々と赦し、委ね、明け渡すようにしている。

何千バージョンという、同じ映画が消される瞬間を

じっと観察してゆく。


解雇する方も、される方も、

本当は、そこにはなんのストーリーもない。

僕たちは騙されている。


では、

プチ大いなる赦しの日の詳細は7月初めに…。