香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

願ったり叶ったり


↑取引先の社長に連れられ、
 キノコと鶏肉の薬膳鍋を食べた。
 エキスが出ていてすごく美味かった。

最近、ちょっと仕事が忙しい。

来週日本へ一時帰国するということもあるが、

工場の清算関係で、支払いとか、売掛金の回収とか、

政府への抹消手続きとか、いろいろ動き回っている。


工場を大家さんへ明け渡す際、全ての内装を撤去し、

〝がらんどう〟にして返さないといけないのだが、

これにはものすごいお金がかかる。

多分、うちの工場だと2000万円くらいは必要だ。

そこで、聖霊お願いしますってやってたら(←ウソ)、

なんと、うちの工場を今の内装のまま譲り受けたい、

という、何ともありがたい日系の会社が現れた。

その会社は、近くの工業園で鋳型成型をやっていて、

工場が老朽化し、手狭になったため、ここ何か月か、

新しい工場を探していたのだという。

もともとは、海坊主総経理が日系企業の交流会で、

その会社の専務と知り合い、話が進んだ。

それで、その専務さんが今日、工場を視察に来られ、

まだ新しい工場の内装を見て一発で気に入られ、

ほとんどの内装や備品をそのままの状態で、

買い取っていただけることとなった。

もちろん、最安値の値段だが、

何千万円もの撤去費用が浮くうえ、、

向こうにしてみても、新たな内装工事費が不要となり、

まさに、願ったり叶ったりの取引となった。


やっぱり、赦しを実践したら全てうまくいくんだねえ、

なんていうのは冗談で、

視察をしている間、これもまた夢の物語に過ぎない、

と、ただ、実在でないものを通過させながら赦した。


↑美味すぎて何倍もおかわりしてしまう
こうして、残務整理のお手伝いとして残ってくれていた

幾人かの従業員さんたちも今週には去り、

来週からはふぁちゃんと海坊主総経理だけが残る。

だが、海坊主総経理も10月末で雇用終了となり、

ふぁちゃんは年内一杯で定年退職(50歳)となる。

そうやって、年内には、

僕の強制帰還道場も完全に終焉を迎えるのだ。


今後は、この夢の世界を大いに楽しみながら、

夢の投影の元ネタとなっている、

自分の無意識の中に隠蔽している罪悪感を解体し、

実世界に帰還することだけに集中することにする。


↑結果、精力バキバキ(笑)となったボク

そういえば、最近、何を見ても、笑えてくる。

エスカレーターで前を行くおばさんのブラウスの柄、

スマホゲームに没頭しながらゆらゆら歩く兄ちゃん、

海坊主総経理の悲壮感に満ちた泣きそうな表情、

朝から晩まで何かを食べているケリー、

鍋がぐらぐら煮え立つ様や、突然始まったしゃっくり、

果ては、喧嘩をしている人や、何かに悩んでいる人、

地下鉄で居眠りしている人を見ても、

それが何かのジョークのように思え、

どこか、滑稽で、可笑しく感じられてくるのだ。


悲惨な目に会っている人(または自分)を見て、

そのエゴのわざとらしさ加減にウケまくるなんて、

どこか不謹慎で、失礼で、冷酷極まりない、と、

思わず自動反応してしまうが、もうそんなことで、

自分に罪悪や後ろめたさを感じる必要などない。

ジョークはジョークであり、ウソはウソなのだ。

ただただ、嘘っぱちのでっち上げを本当にしない、

それだけである。


人からどう見えるかを気にしてはいけない。

気にすれば、

夢の登場人物を実在化させてしまうことになる。

非実在のモノを実在にはしない。


夢を見るもので居ることを放棄するのだ。


というわけで、

今夜はトレーニングの日で、身体測定の日。

体脂肪率がどうなっているのか、

ああ、こ、怖いよう。(←違うだろーっ!)