香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

量子兄貴



いま、

東京へ向かう新幹線の中でこの文章を書いている。

三席並びの最前列のシートで、しかも僕一人なので、

テーブルも電源も使い放題でラッキーであった。

今夜は兄弟てっちゃん達と夜通しリトリートなので、

これを書き終えたらちょっと車内で寝ることにする。

今回の一時帰国の間、ゆったりと過ごしながらも、

日々様々な事項を選択し、決定してゆく。

友人に会いに四国へ行くには成田から?羽田から?

東京本社に出社した夜はどこのホテルに泊まる?

東京へは新幹線で行く?それとも飛行機?

日本で買った品物は会社へ郵送?または自宅?


そんなとき、2年ほど前までは、

「わたしは四国へ行った方がいいですか?」

「どの服を着て行ったらいいですか?」

「どちらの靴を買えばいいですか。」

「聖霊よ、今の私に分かるように教えて下さい。」

と、なにか現実的な事を、逐一聖霊に訊いて、

具体的な答えをもらう、ということをやっていたが、

現在、僕は、そのやり方を採用していない。

なぜなら、夢の世界の何かを聖霊に訊いた時点で、

個の自分に得な方を選択しようとするエゴの部分が、

どうしても意識下で働いている事に気づいたからだ。

それに、これって、

どこか〝こっくりさん〟をやっているみたいで、

気持ち悪い、と感じるようにもなった。

だって、聖霊は自分の中の一部なので、

聖霊を信頼して手を放していれば、

個の自分がどんな最悪な選択をしたとしても、

それは〝聖霊の選択〟だと思うからだ。


今の僕は、根底に兄貴への信頼感が流れていて、

ゲームの操作ボタンから手を離したまま、

怖いながらも、踏ん張っている、という感じ。


聖霊兄貴との繋がり方を箇条書きにすると、

1.まず聖霊兄貴を100%信頼する

2. 24時間丸ごと自分を開け渡した状態で委ねきる

3.普通に自分の中から出てくる〝ふっ〟に従う。

4.選択した後は変更しない。

といった感じか。


この、選択した後は変更しない、というのがミソで、

自分が選択したことを聖霊の選択として信頼したら、

むやみにゲームの操作ボタンに手を出さない、

放っておく、ということだ。

その間、損得勘定であれこれ迷っても構わない。

それも含めて、いじらない。

また〝大丈夫、全ては完璧で、うまくいっている〟

などと考える必要もさらさらない。

だから〝ふっ〟を信頼して動いた後は、

「やっぱり、こうしたほうが…。」と思ったとしても、

僕の場合、とりあえずそのまま放っておく。

(そうできずに、手を出してしまうことも多いが…。)

量子の最適化ではないけれど、

自分がこうすると決めた瞬間、

量子が最短でその目的を達成するために、

0と1のビットを一瞬のうちに配列してしまう。

たとえ、それを選択したことで最悪な状況に陥っても、

そのまま行けば、必ず目的地に到着するのだ。

その道筋が、量子の出した最短距離だからだ。

だが、途中で選択の変更を重ねてしまうと、

量子の最適化が何度も繰り返されるため、

なかなか目的地にたどり着けないことになる。

↓量子の最適化についての記事はこちら↓
りょうこちゃん - 奇跡講座(奇跡のコース)と純粋非二元のブログ 香港さんといっしょ!

それは、

特売の日のスーパーのレジの行列に似ている。

隣の列の方が速く進むと思って並び換えると、

急に支払いでもたもたする客が現れて進まなくなり、

再度別の列に並びなおすのだが、そこもイマイチ。

それで、なかなか自分の番が回ってこず、

結局、最初の列が一番早かった、というアレである。


だから、

やっぱり、あっちを選んだ方がよかったかな、

これを買ったのは失敗だったかも、

なんで、あんな人と関わってしまったのだろう、

やっぱり、行かなかったらよかった云々が出てきても、

とりあえず、量子(兄貴)に任せて放っておく。


別に、並んだ列が最悪だった、でも差支えない。

たとえ肉体の自分が喜ばない結果であったとしても、

それが最悪であるかどうかなんて、夢の創造物である

肉体の自分には分かりっこないのだ。

なので、

何が出ても敏腕マネージャーである聖霊を信頼し、

任せたらもう、答えや納得すらも求めない。


自分にできることは、夢の演者ではなく、

夢の目撃者であろうとすることだけだ。