香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

〝江後田自我男〟である必要はない


↑ペントハウスバーの屋上からの景色
年末ということで、ここのところ、会食が続いている。

昨日は、トレーニングが終わった後、トレーナー氏と、

ジムが入っているビルのペントハウスにある、

バー&ステーキハウスへ飲みに行った。

ここは以前から気になっていて、

そのことをトレーナー氏に話すと、

ちょうどセッションがキャンセルになったので、

一緒に行ってみよう、ということになったのだ。


九龍側の夜景が一望できるテラス席で、

ワインを飲み、ミニステーキを頬張る。

前回のインド料理といい、広東料理といい、

いい景色においしい料理とワイン、楽しい語らい、と、

香港兄弟たちのお蔭で、

とても安らかで楽しい12月を過ごしている。

というわけで、ここ最近は、J兄貴に、

自分の肉体と自我を託し切って生きている。

すると、自我に対して、とても敏感になる。

自分の心はこんなにも〝江後田自我男〟だったのか、

という事実をまざまざと感じさせられるのだ。

これまで、なんの気なしにやっていた行為や、

話している内容が「うわっ。エゴだあ!」と、

ナノレベルで知覚されてくる。

ただ、幸いなことに、

自分で自我をどうにかする必要はないので助かる。

ただ見つけだし、後の事は兄貴に全托するのである。


まず、

自分が心の中で何をやっているかを認識した上で、

〝私は完璧な父の子である。故に一切である。〟

と、自我の罪をすべて兄貴に任せてしまう。


例えば、

同僚が発した〝まあどうでもいいけど〟という一言、

地下鉄車両のドアが開くと同時に走り込んできて、

きょろきょろと空席を狙っているおばちゃん、

明日会う嫌な人の事を考えて憂鬱になる瞬間、など、

そう感じるたびに、

〝神の子はこうである必要はない〟

〝一切である自分がこのように感じる必要はない〟

という意志を兄貴に開放してゆく。


これをやっていると、

自分がどれだけ、エゴの指示通りに動き、

感じているか、ということを思い知らされる。

ただ、罪があるのはエゴであって、自分ではく、

ましてや、兄弟でもない。

故に、心が罪悪感を感じる必要は全くない、

と認識する。


〝あなたが罪悪感を感じる時に思い出すべきは、

自我は確かに神の法を犯してきたが、

 あなたは犯していない、ということである。〟


〝あなたが悲しんでいる時、

 こうである必要はない、と知りなさい。

 あなたが不安である時、

 不安感は自我の気まぐれから生じると認識し、

 こうである必要はない、と知りなさい。

 あなたが悦びにあふれていないとき、

 常に誤って選んだということだが、そのときには、

 そうである必要はない、と知りなさい。〟

(『奇跡講座テキスト編』 第四章 自我の幻想

 Ⅳ.こうである必要はない〜より抜粋)


こんなふうに過ごしていると、突然、

兄弟たちに対する感謝の気持ちが込み上げてきた。

なんでこんなに有難いのかは不明なのだが、

全ての兄弟達が〝善〟を放出しているように見える。

目の前に映る個々の兄弟に対しては、

善を見出すなんの根拠も、理由もないのだが、

ただもう、有り難さだけがひゅんひゅん疼いている。


↑頼れるトレーナーと。

話は変わって、

日ごろから、ワイドショー大好き、噂話大好き、

道で誰かがけんかをしていたら、必ず駆け寄り、

「やれやれ!もっとやれーっ!」と、

高みの見物をしているような僕だったのだが、

ここの所どうしたわけか、

こういう〝エグい〟状況が苦手になってしまった。


テレビで、元横綱日馬富士の暴行について

云々する場面を見ては、

いたたまれなくなってチャンネルを変えてしまったり、

流産をした母親が、

赤ちゃんを産んで幸せそうにしている隣人に嫉妬して、

さまざまな嫌がらせをする、という映画を見ては、

我慢できずに、途中で観るのを止めてしまったり、

仕事上で誰かが誰かを攻撃するシーンに遭遇しては、

耐えられなくなってその場を立ち去ったりする。

ドラマも、ドロドロ系は見れなくなったし、

相方を〝どつき〟まくる漫才もダメ。

なんだか、

自分がそうされているように感じてしまうのだ。



いままで大好物だった「やれやれ!もっとやれー!」

系のシチュエーションを受け付けなくなった自分に、

誰より、僕自身が驚いている。


どうしよう。

このまま行ったら、神様みたいになっちゃうよぉ!