香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

師走いろいろ



今日も気温が9度まで下がり、さすがに震えた。

暖房という概念のない香港は、

ある意味、日本より凍える。

特に僕の家は裏が山なので、底冷えして余計に寒い。


というわけで、今年も友人たちが、

ホテルのビュッフェで僕の誕生日を祝ってくれた。

しかし、

トレーニングで食生活が変わってしまったからか、

ケーキを数切れ食べただけで吐きそうになり、

以前のような爆食いができなくなってしまった。

それでも、

普段は、会社と家の往復の毎日なので、

久々に年末の香港の街をぶらつくことができ、

本当にリラックスした楽しい夜を過ごせた。

香港そごうの前で友人を待っていた時のことだ。

無機質でプラモデルのようなビルの間を行き交う、

大勢の人々を何気なく眺めていると、

突然、風景がただの映像のように見え、

自分はいままさにマトリックスの世界にいるんだな、

と実感した。


この待ち合わせ場所に来る前も、

ある高層階にある会計事務所で、

公認会計士さんと打ち合わせをしていたのだが、

その時も、窓ガラスの外に拡がるビル群を見て、

ああ、自分は今、仮想空間にいる、と感じた。


その後、

ここをリアルだと信じなさい、と自我がささやく中、

「いんやっ!」と兄や父(Jや神)の方へ寄り切り、

密かに、兄や父を思い出すことだけに集中していた。

そんなこんなで、クリスマスである。

会社も土曜から5連休となる。

でも、これと言ってやることのないボク…。

クリスマスイブを中国語では〝平安夜〟と言うが、

この日は街に出ても、どうせカップルばっかりだし

ちっとも平安ではいられないだろうから、いつも通り、

ひとり家で酔っぱらっていることにする。

どうせ、このカップルたちだって、

マトリックスの仮想空間に映る0と1の妄映なのだ。

フンッ!

ところで、ここ数日、

神を想い出している事と同じくらいマイブームなのが、

他者は赦すべき自分だ、という言葉の実践だ。

ふっと何気なく口にした自分自身の言動を観察し、

相手が発した一言を自分の心が発したものとして赦す。

意味を解釈して赦すのではなく、ただ、認識して放つ。


例えば、

今日、フィリピン工場に爆破予告があったのだが、

その報を聞いて、ひょっとして犯人は誰々さんかも、

という、100%冗談として発した自分の一言に、

じっと光を当て、聖霊に委ねてゆく。

多分、無意識のベールの向こうでは、

その誰々さんを、聖霊を通してではなく、

罪悪感を通して見ていたと思うから…。


また、中国語のできない海坊主総経理と、

中国語しかできないふぁちゃんとの間で、

意志の疎通ができず、いつも自分が間に入って、

通訳をさせられることに対して発した、

「何年も中国で仕事をしているのに、いまだに,

 中国語が話せない総経理なんて、あり得ない!」

という心の中でのつぶやきを捉え、明け渡してゆく。


他者を、自分が赦すべきものを映し出す鏡とする。

そうなると、すべて自分なので、

言い訳ができなくなり、赦すしかなくなってしまう。

まあ、うちの会社もなかなか大変な時期に差し掛かり、

僕の2018年もまた、

分水嶺(ぶんすいれい)に立たされるような、

激動の一年になると思われる。

そんな中、

この幻想世界でどういう状態に置かれたとしても、

それは文字どおり夢であり、無であり、無意味だ、と、

心底思えるようになってきている自分がいる。

J兄貴の気配も常に感じられる。


今後は、

〝幻想とは思い入れである〟

を肝に銘じて警戒してゆくことにする。