香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

藤圭子で気づき

f:id:shusaku1:20180925173008j:plain

↑ 地下鉄のマナー広告

  「先に降りて、そのあと乗る。!」

 

ひゃっほーい!

 

新ブログに移行が完了したよ。

 

兄弟てっちゃん、お疲れ様でした。

 

まだまだ使い勝手がよく分からないけど、

 

なんとか慣れていくしかないね。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

www.youtube.com

 

〝ひとり しみじみ 不幸を感じ

 

 ついてないわ と云いな~がら~♫

 

 京都から 博多まで あなたを追って

 

 今日も逢えずに 泣くーっ おんなぁ~♪〟

 

 

と、藤圭子の不幸節を聴きながら、はっとなった。

 

「俺って、今まで一度も幸福であったことがない!」

 

と…。

 

要するに、程度の差こそあれ、ずっと不幸だった、

 

ということに、今さらながら気づいたのだ。

 

 

まあ、瞬間的には幸せであったかもしれないので、

 

幸福を〝平安〟という言葉に置き換えても構わない。

 

そうやって、ようくようく、自分の人生を見てみると、

 

真に平安であったことなどただの一秒もなく、絶対、

 

どこかで何かを不安がっているか、心配しているか、

 

後悔しているか、不満に思っている。

 

 

僕の場合、

 

香港で駐在員として気楽に暮らしてはいるが、

 

会社から帰任命令が出れば、従わざるを得ないし、

 

仕事だって、楽な時もあれば、苦しい時もある。

 

それでも、ある種その環境に慣れ親しんでいて、

 

自分で対処もできれば、安定もしているので、結局、

 

「いろいろ大変なことはあるけどさ、まあ俺の人生、

 

 おおむね満たされていて、幸せなほうだよ!」

 

というところへ落ち着く。

 

 

でも、ちょっと待てよ!

 

神の子が、おおむねって何?幸せなほうって何だよ?

 

おおむね幸せ、ってことは幸せでないってことじゃん。

 

第一〝このときだけ平安〟って、あり得るのか。

 

(※アリエールでしょ、などというツッコミは拒否!)

 

f:id:shusaku1:20180930020536j:plain

 

以前、デイヴィッドが、

 

保険で元を取るには、病気になるか、事故に遭うか、

 

死ななければならない、と言っていたが、

 

何か痛い目に遭った時のために保険に入っておこう

 

なんて、平安でもなんでもない。

 

第一保険が下りた時点で、

 

すでに痛い目に遭っているじゃないか…。

 

 

だから思うのだ。

 

僕はもう完璧で完全な平安しか望みません、と…。

 

もう、24時間、聖霊兄貴の方しか向きません、と…。

 

神の国以外のものは全部放棄します、と…。

 

 

ただしこれは、今まで〝まあまあの幸せ〟の中で

 

築いてきた人間関係や、パートナーシップを、

 

完全に手放して聖霊だけについてゆく事を意味する。

 

心の中だけで手放すのではなく、

 

現実に〝やめる〟決断をすることを要求される。

 

 

これは、嫌な感情を持っている相手に対して、

 

心の中で赦しながら、柱の陰から覗いて、

 

「変わったかな。変わったかな。」とやるより、

 

「私はあなたの事をこう思っています。」

 

と直接表現した方が、幻の罪悪が直接光に晒され、

 

即座に消えてゆくのと同じ原理である。

 

 

ただし、この段階にくるには、

 

ここが幻想の世界であると、

 

真の理解が起きている必要がある。

 

それが起こる瞬間までは、やはり、

 

心の中を赦すことに専念することとなる。

 

 

もちろん〝びゅんびゅん〟は絶えずやってくる。

 

それでも、もう、これまでのやり方はうんざりだ、

 

とも思っている。

 

 

というわけで、聖霊兄貴だけと向き合っている。

 

外の世界で起きることに自分の責任はない。

 

自分の責任はただ、聖霊を受け容れることだけだ。