香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

鍵は兄弟が持っている



これまで、自分ではひとつも何かを考えたことはなく

何ひとつ決めては来なかったのだ、ということが、

ありありと見えている今日この頃である。


これは自分で選んで決めたことだ、と思っているが、

ようくようく、その想いの発生源をたどってみると、

突然〝ふっ〟と湧いてきた考えを捉え、

それを、自分で考えた、と思っているに過ぎない。


それは奇跡講座の実践においても同じである。

赦そうとする想いや、聖霊に委ねようとする想いや、

兄弟を神の子として受け容れようとする想い、なども、

ただ、ソーダ瓶の底から湧き立つ泡の筋のように、

〝ふっ〟とその想いが湧いてきているだけである。

なにひとつ、自分で〝赦そう〟と決めてはいないし、

自分で何かを赦してもいない。


だが、

聖霊は常に幻想を取り消すために、様々な形で、

実相からの〝ふっ〟を送り続けている。

その〝兄弟を赦したい〟〝聖霊に委ねたい〟

といった聖霊から発せられる〝想いの泡〟を、

ちゃんと認識し、見つめ、聴きとめてゆく。

そうやって、僕たちは赦され、癒されてゆくのだ。


↑和食攻め!
要するに、どういう事かというと、

赦そう、委ねよう、明け渡そう、という想いが、

思考の中に自然と顕われ出てくるということは、

聖霊の想いが顕われ出ているのである。


それは同時に〝一なる眠れる神の子〟が、

あると思い込んでいる罪悪感は〝無〟だった、

ということに気づき、夢から目醒め始めている、

ということをも意味する。


そうやって僕たちは〝全体として〟目を醒ますのだ。


↑ 和食攻め2

というわけで、先週、大阪滞在中の木曜日、

もともと入っていた名古屋出張が突然飛んでしまい、

おかげで、とある、バリバリスワットなコース兄弟と、

一緒にランチ&お茶をすることができた。


〝決めたこの道まっしぐら〟な兄弟との語らいは、

やはり、とてつもなく貴重で、楽しいものだった。


中でも、僕の中で深く入ったのが、

天国(父が待つ故郷)へ帰る鍵は兄弟が持っている、

というシェアだった。


兄弟を責めるのは神を攻撃しているのと同じであり、

故に、自分を傷つけているのと同じである。

よって、全ての兄弟の中に宿る神を祝福することで、

互いの鍵を共有することができる、ということだ。


帰宅後、祝福の意味を辞書で引いてみたら、

〝相手が幸せであることを歓ぶこと〟とあった。

おお、なるほど…、ナットク!