香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

光速人生

f:id:shusaku1:20181020233323j:plain

↑ これ全部で400円くらい

 

ここのところ時間の流れが異常なくらい速い、

 

と感じているのは僕だけだろうか。

 

1ヵ月が20日程で過ぎて行っていると思えるくらい、

 

あっという間に時間が経つ。

 

 

当初は、ネットやスマホの普及で、

 

あらゆる事がスピーディーになったために、

 

時間が短縮されたように感じるだけなのかな、

 

と思っていたが、そうでもないらしい。

 

もうそんな域は超えていて、

 

どう見ても、実感として時間が速くなっている。

 

 

アセンション系の人たちの間では、2020年までは、

 

まだ宇宙の、なんちゃらゲートが開いているらしく、

 

別のパラレルへの乗り換えが可能な状態だが、

 

2020年を過ぎると、周波数が完全に固定され、

 

別のパラレルへの移行が難しくなると言われている。

 

 

真偽の程はともかく、ここのところ、僕の中で、

 

ソワソワと落ち着かないような、浮き足立ったような、

 

何かに急かされるような感覚があるのも、

 

今のうちに、もっとも望むパラレルへ移行しろ、と、

 

ハイヤーセルフから急かされている感じがする。

 

 

素の自分に戻れ、とバシャールはよく言っているが、

 

とにかく、仕事も、今の生活も、人間関係も、

 

一度、すっぱり、リセットし、まっさらに戻れ、

 

というメッセージが、最近、僕にもやたら入ってくる。

 

 

僕の場合、今の生活をリセットすることに対し、

 

まったく恐怖も抵抗もなくなっている。

 

が、名残惜しさはある。

 

しかし、ここで現実の全てを手放してしまったら、

 

この幻想の世界に対する興味や欲望が急激に薄れ、

 

〝情〟や〝概念〟で社会と関われなくなるのは、

 

目に見えているし、そうなったら、自分はおそらく、

 

聖霊の訂正を受け容れた後の世界へ移行するだろう

 

ことも理解している。

 

 

そういう、時間が怖いほどの速度で過ぎていく中、

 

時間を超越した領域(訂正を受け容れた後の世界)

 

へと進む決断を迫られているような気もしている。

 

 

あ、あ、兄貴ぃ。

 

タイムリミットがあるのも分ってるけど、

 

もうちょっと、普通の人間でいさせてくれ!

 

ちゃんと決断の意欲は持ってるから、そやから、

 

全てを崩壊させて一発どっかーん強制終了~!

 

みたいなことだけは勘弁してくれ!

 

もう、この年になったら、正直スワットはキツイ。

 

ホンマ、お願いしますわぁー!

 

f:id:shusaku1:20181020233334j:plain

↑ ふぁちゃんを甘く見てはいけない。

   彼女は、エッグタルトの本とゲイリー三部作を

      読破している数少ない中国人なのだ!

      

 というわけで、今日は深圳日帰り出張へ行って来た。

 

この日は陳弁護士とふぁちゃんとミーティングだった。

 

久々に会ったふぁちゃんは、

 

髪を短く切り、ブルーのワンピース姿で若返っていた。

 

一緒に麺の食事をとったあと、

 

間借りしている事務所の会議室で、

 

陳弁護士も交え、2時間ほど打ち合わせを行なった。

 

 

打ち合わせの内容は、佛山工場の清算を、

 

今後どのように進めてゆくか、についてだった。

 

佛山工場を閉めてからかれこれ一年以上経つが、

 

未だに国税の抹消手続きが終わっていない。

 

原因は雇ってる会計士にやる気がないことにある。

 

陳弁護士は会計士を変えることを提案しているが、

 

清算の途中で会計士を変えるのにもリスクが伴い、

 

さて、どうしたものか、とも思う。

 

 

こういう状況判断的な思考は起こるのだが、

 

ここまで、心の訓練が進んでくると、さすがにもう、

 

〝あの会計士、けしからん!〟

 

〝ふぁちゃん、もっとしっかりしてくれよ!〟

 

〝陳弁護士、高い顧問料を払ってるんだからさあ。〟

 

とはならず、解釈さえ浮かんでこない。

 

 

このときはもう、今この瞬間の平安に留まり、

 

ただ、聖霊兄貴の訂正を受け容れるスタンスでいた。

 

すると、全身が聖霊に覆われたような感覚になり、

 

もう、ここで、自分は何も解決しようとしなくていいんだ

 

と、真に理解して放っておける自分(=聖霊)がいた。

 

 

深圳からの帰りの車中で思った。

 

もう、何もする必要がなく、全ては幻想で夢なのだ、と

 

解かっていながら、こうやってさも何かを解決しようと

 

動き回っていることに何の意味があるのか、と…。

 

たとえ別の会社へ行こうが、自分で何かを始めようが

 

この幻想の世界で何かを〝やる〟以上、

 

必ず同じループの繰り返しとなる。

 

 

だったら、もういいや。

 

24時間、聖霊兄貴だけでいよう、と…。

 

別に肉体が死んだっていいのだ。

 

肉体の死に何の意味があるのだ。

 

そもそも、人生を生きている自分はいない。

 

 

もう、本当の意味での閉店ガラガラが近いのだな、

 

と、腹をくくる時が来ているのをひしひしと感じる。

 

でも、でも、でも…。

 

もうちょっとだけ…。