香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

それでもあなたはやってない

f:id:shusaku1:20181024213813j:plain

↑ フィリピン工場からの風景

 

最近、ようやく、

 

兄弟を完全に無罪として観れるようになった。

 

観ようとするのではなく、そう観えるのだ。

 

そして、兄弟に完全な無罪を差し出すことが、

 

今の僕にとっての赦しであり、救済となっている。

 

 

面白いことに、兄弟を無実として開放しだすと、

 

これまで自動反射的に湧き起こってきていた

 

〝妄想復讐劇場〟がピタっと止んでしまった。

 

 

スーパーのレジで、前の客がもたもたしただけで、

 

即行、相手に対して有罪宣言を発令し、

 

心の中でさまざまな復讐妄想を繰り広げていたのに、

 

そんな妄想の泡ぶく自体が発生しなくなったのだ。

 

 

僕達は、赦しの実践の中で、

 

〝何かをしている誰かはいない〟とか、

 

〝罪なんてない〟と頭の中では宣言しながらも、

 

他者が見せる小さな行為に、ムカつき、イラつき、

 

断罪したりする段階を通ってゆくのだが、

 

それでもなお、

 

聖霊の訂正を受け容れる心の訓練を続けていると、

 

全ての人の背後に、同一のキリスト(J)を見て、

 

「あっ、本当に兄弟は無罪だ。無辜でしかない。」

 

と、はっと心から腑に落ちる瞬間がやってくる。

 

これは、一瞥体験などで悟ったりするより、

 

より確実で堅固な瞬間だ。

 

 

こうなってくると、

 

自分が香港にいようと、北朝鮮にいようと、

 

億万長者であろうと、無一文であろうと、

 

幸せな家庭の主婦であろうと、風俗嬢であろうと、

 

習近平であろうと、安倍であろうと、トランプであろうと

 

まったく、ぜんぜん、これっぽっちも関係なくなる。

 

だって、もうみんな、

 

無罪であることが確定しているから…。

 

f:id:shusaku1:20181024213809j:plain

 

それで、今日、税務局から僕宛の文書を受け取った。

 

香港では自分で所得税の申告を行なうのだが、

 

企業側は企業側で、今年、この社員に、

 

これだけの給料を支払いましたと税務局へ申告する。

 

 

僕は給料を全て日本でもらっているが、

 

所得税は香港で支払っているので、

 

うちの会社は、香港の税務局に毎年、

 

星谷周作という社員にこれだけの給料を払いました、

 

という申告を行なっていた。

 

まあ、日本への査察はほとんど入らないので、

 

当時の総経理も僕も、低い額で申告していたのだが、

 

それが今日、どうしてこんなに申告額が低いのか、

 

という、説明要請の通達が会社へ来たのだ。

 

 

当時は、何の気なしにやっていたが、

 

これって、よくよく考えれば、立派な脱税である。

 

もちろん、今の僕は、すぐに会計士と相談し、

 

修正申告を提出して、追徴課税も含め、

 

ちゃんと税金を支払うつもりでいるのだが、

 

当時の自分は、ただ、みんなもやってるし、

 

ま、いっか、くらいの気持ちでやっていたのだと思う。

 

 

それでもやっぱり、

 

「当時の自分に罪はない、間違いは罪ではない。」

 

と、当時の自分に宣言してやる。

 

ただ間違っただけなんだから、今この瞬間に、

 

訂正すればそれで済むことだ、と…。

 

 

過去の自分に無罪を宣言することで、

 

過去の自分が〝しでかした〟と思っている事を

 

赦し、解放するのだ。

 

 

そうやって、

 

隠蔽している過去の罪悪感に光を当てる。

 

そんなものは、はなから存在せず、

 

自分も、兄弟も、自分の過去も、兄弟の過去も、

 

全て無罪であると認識してゆく。

 

 

とまあ、そんな感じで、今日は他者だけでなく、

 

過去の自分にも無罪を宣言することを学んだ。

 

f:id:shusaku1:20181027142101j:plain

↑ 朝5時半のクラーク国際空港

 

それにしても、

 

先週の〝行列の出来る法律相談所〟で、

 

SHOCK EYEの画像をケータイの待ち受けにすると

 

運気が上がり、いいことが次々に起こる、

 

と言っていたので、早速やってみたら、あくる日、

 

この〝税務局申告事件〟が起こった。

 

きいぃーーっ!