香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

命、預けます!

f:id:shusaku1:20181031010644j:plain

 

先週、口座開設の申請書類を受け取りに、

 

みずほ銀行香港支店へ行って来た。

 

香港島が一望できる景色、スタイリッシュなオフィス、

 

帰り際、口座開設を担当して下さっている方に、

 

「日本へ帰任して、地方の支店とかに配属になっても、

 

 もう自転車で得意先回りなんてできないでしょう。」

 

と言ったら、

 

「いやいや、そっちの方が気が楽でいいです。」

 

と、大笑いされていた。

 

f:id:shusaku1:20181031010652j:plain

 

〝命、預けま~すぅ~♪

 

 嘘もつきます 生きるため

 

 酒も飲みます 生きるため

 

 こんな女でよかったら、

 

 命、預けま~すぅー♫ 〟

 

 

と、藤圭子も歌っているように、

 

暴走族やヤンキーが全盛だった80年代、

 

トンネルや高架下の壁などによく、

 

〝のり子命っ!〟とか、

 

〝さおり、てつやに命預けますっ!〟

 

みたいな落書きを目にしたものだが(大阪だけか)

 

今の僕はまさしく、

 

聖霊兄貴に〝命預けます!〟状態となっている。

 

 

で、お手伝いのチョイ姐が、皿を洗う時に誤まって、

 

ワイングラスを全部割ってしまったので、

 

今日、イオンで安いワイングラスを買ってきた。

 

1個700円くらいのワイングラスも、

 

僕のもとへ来れば、全て聖なるグラスに変わる。

 

ある意味、このワイングラスは僕に命を預けたのだ。

 

 

そういうわけで、

 

いつからこうなってしまったのかは分らないが、

 

気が付けば、聖霊に全てを預けてしまっていた。

 

もう、これまでの記事でさんざん書いてきたように、

 

日本へ帰任したら、で、ぐちゅぐちゅぐちゅ…、

 

新たなステージへ移行するか、で、いじいじいじ…、

 

でももう少しこのままで、で、うじうじうじ…、

 

というものも、一気に吹っ飛んでしまった。

 

 

どう説明すればよいのか、

 

自分が聖霊兄貴そのものとなっていて、

 

世界がそのまま聖霊の映し絵になっちゃってた。

 

そして、どうすればよいかを知っている兄貴に、

 

〝こんな僕でよかったら、命、預けます。〟

 

みたいになっていた。

 

(↑ てつやに、ではない。)

 

f:id:shusaku1:20181030223817j:plain

 

そうやって、聖霊の中で24時間を過ごしていると、

 

会う兄弟、会う兄弟が無実の光に輝いて見える。

 

兄弟だけではなく、いまここに存在している、

 

パソコンや、コーヒーカップや、洋服、

 

果ては、公衆トイレの便器までもが、

 

愛の顕現のように映り、

 

美しいアートのように秩序立って見えるのだ。

 

これは比喩ではない。ほんとうにそう見えるのだ。

 

 

もう、兄弟に委ねて間違いない、と思える。

 

そのプロセスが終わるまでは決断できないが、

 

その瞬間が来れば、何の迷いもなく決断できる、

 

とフランシスは言っていたが、

 

そのことを身を以って体験している。

 

 

まあ、これは一過性のものかもしれないし、

 

ただの〝垣間見〟なのかもしれない。

 

ただひとつ言えるのは、

 

聖霊は、未来や過去にではなく、

 

今、ここに存在している、ということだ。

 

なので、聖霊に繋がりたければ、

 

今、ここに在る光をちゃんと見つめる訓練が必要だ。

 

 

さあ、スマホから顔を上げ、

 

周囲の人や、景色や、物の背後にいるJを、

 

ちゃんと直視するのだ!