香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

差異なき世界

f:id:shusaku1:20181113171101j:plain

 

見ている世界が丸ごと聖霊で満たされてしまった。

 

 

それは、どの兄弟にも無罪しか差し出さない、 と、

 

決意できたその日からはじまったような気がする。

 

眼前に現れる兄弟たちから何を差し出されようと、

 

頑として、無罪だけを差し出し続けていると、やがて、

 

その時々で出会う人や物や事が無罪性で輝きだし、

 

肉体の目で見えている光景によって、

 

これは自我か聖霊かを選択(判断)することに、

 

何の意味も見出せなくなってしまったのだ。

 

 

そうこうしているうちに、周囲の人達が変わり始めた。

 

以前から、みんな優しい、と何度も書いては来たが、

 

もう、そんな域を超えている。

 

 

f:id:shusaku1:20181113171105j:plain

 

そんな中、

 

ある会社の面接を受け、内定をもらった。

 

東京に本社がある日系商社の香港支社で、

 

法務と財務を担当するポジションだ。

 

もう、東京へ帰る腹づもりでいたので、

 

香港での就活はしていなかったのだが、

 

一年以上も前に登録していた人材紹介会社から、

 

突然、連絡があり、この会社を紹介された。

 

まあ、今の会社の事情も事情だし、

 

「会うだけでも、会ってみたら?

 

 嫌なら、いつでも断ればいいんだから。」と、

 

お見合い話を持ってきた親戚のおばさんのような、

 

人材会社の女性の口調にほだされ、面接を受けた。

 

 

40歳代の管理部長と第一面接を行なった。

 

この方が僕の経歴を非常に気に入ってくれ、

 

是非入社してほしい、とその場で言われた。

 

第二次面接では支社長と会い、そこでもう、

 

僕を採用するための稟議が下りていると言われた。

 

 

条件面では、給料の総額自体は今よりいいが、

 

現地採用なので、家賃は自分もちで、

 

健康保険や年金加入もない。

 

ただ、香港でこのままずっとやっていくのであれば、

 

駐在員のように日本へ帰任する必要がなく、

 

気楽と言えば気楽だ。

 

それになにより、今回面接をして下さった方々が、

 

とても優しく、穏やかで、

 

一緒に仕事ができたらさぞ幸せだろうな、

 

と思えるような方々だった。

 

 

そうやって、二回の面接の末、採用となった。

 

「星谷さん。先方から熱烈なラブコールが来てますよ。

 

 こんなによい条件、滅多にないわよ!」

 

あなたの年齢で、とまではさすがに言わなかったが、

 

お見合いの仲人さん、もとい、人材会社の女性も、

 

親身になって、相手側と交渉してくださっていた。

 

 

「今週末、よく考えて結論を出します。」

 

と、答えて電話を切った。

 

 

ふっ、と、今いるオフィスに意識を戻した。

 

コンババ部長から電話が入った。出る。

 

色々と業務上のやり取りをした後、電話を切る時、

 

「いろいろ本当にありがとうございます。」

 

という優しい相手の声を聞いたとき、

 

胸の底から幸せな感覚が込み上げてきた。

 

企業の中にあってこんな環境は奇跡だ、と思った。

 

なので、転職するしない、は、もうどうでもいい。

 

東京へ帰任してもしなくても、そんなの関係ない。

 

ただ、相手に無罪性だけを差し出すことで、

 

本当に奇跡は起こるのだという事実に感動していた。

 

 

そして、今回の件を通して感じたのは、

 

両者に差異を見れなくなっている、ということだ。

 

どういうことかと言うと、 

 

両者のうちのどちらか一方を選択しようとすると、

 

比べようとする対象物になんらかの差異、

 

すなわち、必ずどちらかが劣っている必要がある。 

 

しかし、聖霊を選び、両者に差異を見なくなると、

 

必然的に〝選ぶ〟ということは不可能となってしまう。

 

 

それでも、この夢の現実の中では、

 

一瞬一瞬が小さな選択の連続なわけで、

 

最終的にはどちらかを選ばなくてはならない。

 

 

なのでいまは、一切の自分を脇へ追いやり、

 

ただ、兄貴だけに強烈に一点集中しながら、

 

別の解釈を与えてください、と祈っている。