香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

決めたこの道まっしぐら

f:id:shusaku1:20181118235433j:plain

 

毎朝、二階建てバスに乗って通勤している。

 

二階席は立って乗ることが禁止されているので、

 

必ず座れるからありがたい。

 

それに、朝のバスの中はみんな静かなので、

 

いま、この約30分のバス通勤の道のりが、

 

僕と聖霊兄貴との蜜月タイムとなっている。

 

スマホもいじらず、音楽も聞かず、ただ、

 

聖霊兄貴だけに向き合って過ごす。

 

すると、空間が愛を放ち始め、

 

眼前の全ての人が無罪の光で輝き出すのだ。

 

 

今朝もそうやって、兄貴にアクセスしていると、

 

再び〝日本〟というキーワードが送られてきた。

 

救済のための計画を受け容れさえすれば、

 

聖霊が道を整え、必要な物を全て手配するので、

 

なにも憂慮する必要は無い、と…。

 

 

「ああ、兄貴、またっスか。」

 

 

それにしても、なんで日本なのだろう。

 

昨日、兄弟てっちゃんとLINEで話していたとき、

 

フランシスやカースティンたちのグループも、

 

やたら〝日本〟というメッセージを受け取っていて、

 

今後は日本が重要な何かを担っていく場所になる、

 

という話を聞いて、なるほどな、と納得がいった。

 

そんな感じで、来年以降(旧暦の正月以降)、

 

僕はいままでと全く違うタイムラインへと、

 

移行してゆく感が強まっている。

 

f:id:shusaku1:20181118235414j:plain

 

話は変わり、以前の記事で、

 

香港勤務の会社のオファーがあった、と書いたが、

 

今日、正式にお断りの連絡を入れた。

 

 

まあ、今回の魅力的な転職先のオファーがなければ、

 

多分、会社が帰任しろと言うから仕方なく帰任します、

 

くらいの気持ちでいただろう。

 

しかし、聖霊兄貴は、僕を躊躇させるような、

 

条件の良い香港での転職先を差し出すことで、

 

敢えて僕に、日本へ帰る真の意味を認識させ、

 

何の迷いもなく日本へ戻らせようとしたのだ。

 

なぜなら、今の僕にとって、

 

何の迷いもなく日本へ帰ることは、

 

何の迷いもなく天国へ戻ることを意味するからだ。

 

 

今回の、

 

日本へ帰るか、香港に留まるか、という選択は、

 

完全に幻想を手放し、神の国へ帰るか、

 

それとも夢の現実世界へ留まるか、という

 

〝覚悟〟を問われる大切なレッスンだった。

 

そして、迷い、動揺し、逡巡しまくった時間も、

 

僕には、まぎれもない聖なる瞬間だった。

 

f:id:shusaku1:20181118235422j:plain

 

話はまたまた変わって、

 

今週は何としても香港から動かないぞ、と、

 

〝香港お籠り〟を決め込んだ反動からか、

 

来週からは一気に、

 

香港→東京→上海→香港→マニラ→スービック→

 

香港→沖縄→香港→大阪→香港、と、

 

出ずっぱりの二週間となる予定だ。

 

それでも、最近では、

 

その時々の〝いま〟を見つめているせいか、

 

どこにいても〝この瞬間にしかいない〟感覚があり、

 

空間や時間の動きが感じられなくなってきている。

 

f:id:shusaku1:20181118235340j:plain

 

東京では兄弟てっちゃんに会えたら会う予定だが、

 

兄弟てっちゃんが、仕事中、左の手のひらに、

 

4センチのネジが横向き(横側から)突き刺さる、

 

という大怪我をしてしまった。

 

ネジは今もすっぽり手のひらの中に入っていて、

 

今日、土曜の午後からネジを抜く手術をする。

 

それも全身麻酔ではなく部分麻酔で…(ヒィーッ!)

 

 

僕は祈りを通して寄り添うことしかできないけれど、

 

一日も早い回復を心から願っているよ。

 

みんなも、彼のために祈ってくれ!

 

最後に、

 

がんばれ、てっちゃん!怪我なんかに負けるな!