香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

はい終わり!


↑アレクサンダー・マルシャーン著:
 『この宇宙は夢なんだ』より
 来世は自分がいま憎んでいるものに転生する…。


目標に向かって努力し、さまざまな困難を乗り越え、

人生の幸せつかんで、はい終わり。

また生まれ変わって、必死で頑張り、はい終わり。

またまたここへやってきて、

前世で自分が憎んでいた人の人生を、

今度は自分がやって、はい終わり。

こんどこそ、ということで、オリンピックで金を獲り、

有名歌手や俳優になり、幸せな結婚をしたけど、

やっぱり最後は、はい終わり。

舞い戻ってリベンジ挑戦したい、というわけで、

子供の為、孫の為、家族の為、と、

いろいろやったが、最終的には、はい終わり。

そうして、以前にやったことを全部忘れて、

訳も分からずやり直し。

でも、結局最後は、はい終わり、と…。


自分って一体、何なんだろう。

何かのゴールを目指してはいるが、

どこへもたどり着けないし、絶対にアガれない。


スピでよく言われる、

〝前世の記憶を想い出せなくても大丈夫、

 意識の中に全ての記憶が記録されているから…。〟

という言葉も、よく考えてみればヘンだ。

そんなこと言ったって、

いま、自分は何も覚えてないし…。

やっぱりこの世界、なんかおかしい。

いや、こんなの、絶対ヘンだ。

今まで気づかなかったこと自体正気の沙汰ではない。


僕たちは、何度もリセットされては立ち上がる、

ゲームの中に出てくる架空の登場人物なのか?

ノーッ!

僕たちは、はなから、ここの住人などではない。

それは、

地球にいようが、エササニにいようが、同じだ。


だから、夢は夢として、幻想は幻想として、

ちゃんと夢の外から認知してゆくことで、

僕たちは狂った夢の世界を永遠に後にするのだ。

そして、最後には、

〝自分はずっと天国にいた〟と気づくのだ。

だから、兄弟たち!

この幻想の世界で、

どんな問題や辛い事に直面しても、

絶対に負けてはいけないよ!

僕たち兄弟が付いているし、聖霊兄貴も付いている。

そして、僕たちは、肉体として会ったことが無くても、

チームとしてつながっている。

夢遊病者の如き夢の住人が何を仕掛けてこようとも、

それは夢の出来事であり、本当ではない。

なので、そんなときは、

目醒めのチームは決して一人ではない、

ということを思い出すのだ。


僕たちは、いま、夢を見ている。