香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

無実の果実


↑この兄ちゃん、焼いているとき以外は、
 ずっとスマホゲームをしている。


上海出張真っ盛り、である。

今回は、コンババ部長も途中から合流するので、

いつものようなオシャレなホテルではなく、

コンババ管理部長定宿のホテルに泊まったのだが、

正直、ホテルに着いた途端、ああしまった、と思った。

部屋も設備も古く、炭のような匂いが立ち込めている。

青白い蛍光灯に照らされたスタッフの表情も暗い。

一瞬、自腹を切ってでもホテルを変えようか、

という想いが、わわわ、と〝自動的〟に湧いてきた。

それでもまあ、兄貴に委ねて放っておくことにした。

で、昨夜、ホテルで何やかやしていたとき、突然、

〝はなから、誰にも、罪なんてなかったんだあ。〟

という強烈な啓示がバーンと入ってきて、

僕の心の中が〝無罪性〟一色になってしまった。


それは、

目の前で誰が何をしていようと、どんな姿であろうと、

どんな過去があろうと、人種がどうであろうと、

そんな設定とは関係なく、彼らは全くの無辜だった、

という事実をガーンと大アップで見せられた感じで、

もう、解釈でもなく、考え方でもなく、

言葉では、絶対に説明できない〝理解〟だった。

何というか、ただただ、だれにもどこにも罪などない、

という〝真実〟だけが広がっている状態である。


そのうち、他者には罪がないということは、

それを投影している自分にも罪なんかなかった、

と理解が延長されてゆき、

その感覚が頂点に達した瞬間、

なぜだか、涙がうわーっと溢れ出し、

しばし、部屋でひとり、わんわん号泣し続けた。


途中で、これを誰かにシェアしておこうと思い、

すぐさま兄弟てっちゃんに電話しようとしたが、

時間も遅かったため、

朝が早い彼に電話をするのは避け、

代わりに乙女ののりちゃんに電話しようとしたら、

大陸用のケータイにのりちゃんの番号がなかった。


↑この中から好きな串焼きをトレイに取り、
 兄ちゃんに渡して焼いてもらう。1本60円くらい
  奥で、スマホゲームに没頭している兄ちゃん

そのあくる日、朝から弁護士事務所へ行き、

パスポートを弁護士に預け(何か手続きするらしい)、

午後は上海事務所で業務をこなした。

事務所にいると、

過去の様々な負の記憶が思い出されるが、

それでも、この事務所にかつていた人たち、

弁護士事務所の人、タクシーの運転手、道行く人、

どの人も無罪性の光で輝いて見える。


この無罪性は、

過去に自分が何をされたか、とは全く関係がない。

また、なにがしという個人とも全然関係がない。

たとえ、自分が全財産を騙し盗られたとしても、

やっぱり、その相手は無罪だ、と心から断言できる。


これは夢で、起こってもいないのだから無罪だ、とか、

これは〝いつかの私〟なのだから赦すのだ、とか、

エゴの外側に出たところから見れば無罪だ、とか、

そういった、解釈も何もかもが、全てぶっ飛ぶほど、

兄弟は何も悪くはなく、無罪であり、神の子なのだ。



↑ 無辜の兄ちゃん、やっぱりスマホゲームに夢中

その日の夜、上海事務所からホテルに戻り、

ベッドでしばしまどろんでいるうち、

あれ、そういえば、チェックインした当初、

このホテルに良い印象を持っていなかったなあ、

ということを思い出した。

でも、いま、こうやって部屋を見渡してみると、

このホテルとおしゃれホテルの間に、

何ら違いがないことが解かる。

このホテルは古くて暗いからダメで、

おしゃれホテルは自分にふさわしいからよい、

って、なんでそういうふうに思えたのか、

赦しはそこにあったのだ。

結局、投影された自己の心の一部を見ていただけで、

ここを選んだ自分も100%の無実だった。


↑3畳ほどの上海事務所。サービスオフィスなので、
 誰もいなくてもお掃除は毎日してくれている。


今後僕は、誰かの肉体に罪を投影して見る、

ということを〝完全〟にしなくなるだろう。

金正恩とマザー・テレサに違いを見れなくなってゆく。


ここまで来ると、もうホント、

聖霊兄貴が本当に僕の中にいると信じざるを得ない。

まだまだ頼りないが、僕は兄貴を選ぶと決めたのだ。


あっ、で、でも、日本一時帰国が今週なんですけど…。

それで、

か、か、花粉症のほうはどうすれば…。

(↑〝神はアレグラを創った!〟from あにき?)