香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

夢の世界の残務整理



今週から香港に戻ってお仕事の毎日である。

2月に財務担当のケリーが辞め、

後任の女性も出勤第一日目に出勤してこず、

次に採用した女性もなぜか1週間で辞めてしまった。

そしてシッピング担当のアップルも、

昨日が出社最終日で、結局香港事務所は、

日本人総経理と僕、そして、営業のエドワードと、

男ばかりの3人となってしまった。


そして、いまはもう、旧暦の新年が明けて以降の、

この笑ってしまう展開に、完全コーサン状態でいる。

これまでなら、兄貴に委ねる、とか言いながらも、

他に人材をあたってみたり、本社に応援を頼んだり、

色々と対策を練って動き回っていたのだろうが、

今回はあまりにもわざとらしすぎるので、

無駄な抵抗は止め、何もせずに放っておくことにした。

夢の世界を、夢として、起こるがままにしておくのだ。

というわけで、以前ケリーがやっていた仕事を、

今週からは、全て僕一人でやることになった。

朝、郵便受けから郵便物を取り出し、

請求書をチェックしてから、支払伝票を切る。

小切手や送金手続書を作成し、自分でサインをする。

封筒に切手を貼って小切手を郵送する。

業者とインボイスや支払いのやり取りをする。

その他、銀行へ行ったり、資金繰り表を作成したり、

財務諸表を作成したり、ファイリングをしたり、と、

チマッとした事務作業を淡々とこなしてゆく。

ただ、会計入力だけは、外部に委託することにした。


最初はどうなるか、と思ったけれども、

やってみると、これが案外おもしろい。

わりと整理魔なので、書類がこんがらがることもない。

しかし、業務量が多く、慣れないこともあって、

今週はずっと残業の日々である。

ただ〝仕事に追われてる感〟は全くなく、

何ていうか、夢の世界の残務整理、という感じで、

〝終わってゆく夢〟を確認しながら仕事をしている。

それでも、出てくるものは出てくる。


〝みんな辞めて行くのは、僕のせいなのかな。〟

〝そういえば、些細なことで叱責したことがあったな。

  だから、僕の下で働くのが嫌になったのかな。〟

〝給料を上げて再度募集してみようか。〟

〝自分はここに居続けていいのだろうか。〟


今は、もう昔のようにびゅんびゅんすることはないが、

ふとした瞬間に、自我の想いがぽっと上がってくる。

その思いを打ち消したり隠蔽するのではなく、

自動反射的に起動している自我の設定を、

ただ終わってゆくもの、として兄貴に完全委譲する。

どうすることが一番ベストかなんて、

〝エゴの設定の自分〟には解らりっこないのだし、

たとえ自分でどうしたところで真の平安は得られない。

だからもう、兄貴に操縦桿をすべて明け渡し、

イエス、と言って全部受け入れるのだ。