香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

誤解の世界


↑ ゲームする姪っ子。〝花見しにきて、花を見ず〟
 今の僕たちの姿を象徴する画像。


前回、お伝えした通り、

香港事務所では次々と人がいなくなっているのだが、

シッピング担当のアップルが会社を去ったあくる朝、

彼女から〝退職のご挨拶〟のメールを受け取った。

今までお世話になりました、的な文章の後、

同僚たちの名前が太字で書かれてあったのだが、

僕の名前だけが太字になっていなかった。

また、みんなの顔写真とイラストの胴体を加工した、

記念の盾をエドワードに送っていたのだが、

僕のイラストだけがなかった。


どういう意図で彼女がそうしたのかは不明だが、

やっぱり、もやもやしてくる。


〝僕は彼女に嫌われていたのかな。〟

〝そう言えば、彼女に仕事のことで注意したな。〟

〝病気休暇が多すぎることも注意したっけ…。〟


色々な妄想が頭をよぎる。

ただし、いまはもう、

その感情自体と同一化することはなくなった。

これは単なる自我の自動反応であり、

自己が追いやった罪悪感が投影されているだけだ、

ということは自覚できているので、ただそれを咎めず、

みぞおちの辺りで疼いているモヤモヤを観察してゆく。

彼女がどうであるかは一切関係ない。

それが相手から嫌な事を言われたり、疎外されたり、

どんなバリエーションであっても、感じているのは、

みぞおちで疼いている〝この感覚〟しかない。

これは、頭痛や胃痛と同じ、身体的感覚に過ぎない。

これに、外的状況からくる意味づけを結び付け、

「自分は傷つけらた!」とやっている。

聖霊兄貴と共に、

この、みぞおちのもやもやに焦点を合わせ、

まるでレーザービームを照射するかのように、

深くその中へと入りこんで、とことん感じて観る。


その時、気づきが来た。

これはひょっとして、アップルという兄弟が、

僕にこの事を気づかせ、赦させる(終わらせる)為に、

わざわざ仕掛けてくれたのではないか。

これは、彼女が、退職するにあたって、僕にくれた、

最後にして最高のプレゼントだったのだ。


なぜなら、ここで彼女が仕掛けてくれていなかったら、

僕は赦すこと(終わらせる)ができず、

また、いつか、第二のアップルを相手に、

同じことをする羽目になる。

その事に気づいた時、この毒素のようなモヤモヤが、

一瞬にして感謝の光に変わり、涙がどっと溢れた。


このとき、もしエゴ目線で今回の事を見ていたら、

きっと僕は彼女に傷つけられたと思い、

深く動揺し、架空の彼女を相手に、

延々妄想劇場を続けていただろう。

それに、よく考えてみると、

そもそも、今回の事は全て僕の誤解から発生している。

フォントを太字にするのを忘れただけかもしれないし、

たまたま僕の写真がなかっただけなのかもしれない。

結局、どうしてその人がそういうことをしたのか、

なんて、誰にもわからないことだ。

多分、アップル自身にもわかっていないだろう。

この夢の世界は、全部が全部、誤解でできている。

ほとんど、とか、大部分が誤解、ではない。

全てが誤解である。


なので、正しくあろうとするなんて馬鹿げている。

僕はもう、とっとと手放して、心の平安へ戻る。