香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

その夢を消せ!


↑ 旧ウェスティン・マカオでお籠もり執筆。
  マカオの島側はカジノもなく、とっても静か。


アパートの裏の森でセミが鳴き始め、

今年もまた香港の夏が始まった。

日本は今週から花のゴールデンウィークらしく、

東京本社の人も、今年は有休を使い、

9連休にしている人が多い。

香港はメーデーの5月1日(火)だけが祝日で、

なんだかつまらないため、

僕も前日の月曜に有給休暇を取り、

勝手に4連休にしてしまった。


とはいっても、

『ジンジャー・タウン』も完成してしまったいま、

これといってやることもなく、

網戸越しにセミの鳴き声を聞きながら、

ソファの上でアンニュイにカルピスを飲んでいると、

ふと、

今の自分には、どうしても叶えたい望み、

みたいなのがないなあ、と思った。


まあ『ジンジャー・タウン』が本になればいいな、とか、

働かなくても生きてゆけたらいいな、とは思うが、

どうしても、というわけではない。


ひょっとして、

本当の幸福とは、望みが叶うことではなく、

叶えたい望み自体が無くなることなのではいか、

それこそが、夢の世界からの解放を意味するのだ、と、

ソファに寝そべり、勝手な持論を展開していた。


↑ 旧ウェスティン・マカオのルームサービス

話は変わり、最近、物がよく失くなる。

しかも、絶対に失くなるはずのない状況で失くなる。

それでいて、しばらくすると、全く見当違いな場所で、

ひょこっと見つかったりするのだ。


先週も、大陸専用のスマホが見当たらないので、

会社に忘れたのだろうと思っていると、会社にもない。

スマホに直接電話を掛けて着信音を鳴らそうにも、

大陸専用なので、香港では応答しない。

鞄の中、引き出し、スーツのポケット、ソファの下、

あらゆる場所を探すが見当たらない。

まあいっか、と赦しの態勢で数日が経った頃、

幅五センチほどのパーテーションのボードの上に、

チョン、と置かれてあるスマホを見つけた。

いつもその前を行き来しており、

何日もそこに在れば、会社の人も気づくはずである。


また、スマホの充電ケーブルが無いと思っていると、

リビングの屏風の隙間に引っかかっていたり、

以前ブログで紹介した『幻想からの解放』という本が、

どこを探しても見当たらず、探しに探していると、

なぜかエドワードの席で見つかったりする。

その他にも、そこにあるはずの衣服や食器、

使ってないネクタイピンなど、ちょっとした物が紛失し、

それが、全く予想外の場所で発見されるのだ。


昔から、僕自身がそそっかしい性格で、

よく物を失くしたり忘れたりしていたのならともかく、

こんな経験は初めてである。

真相は不明だが、まるで、小人の精霊か何かがいて、

いたずらでもされているような気分だ。


ああ、兄貴…!

人だけではなく、物まで消すつもりかっ!