香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

赦すが勝ち!


↑ 気が付けば、朝。


先週の土曜、久々に兄弟てっちゃんとスカイプした。

午後10時に始まり、終わったのが朝の6時だった。

オッサン二人、何をそんなに話すことがあるのだ、

と言われそうだが、

「もう、奥さんちょっと聞いてよ!」的な話から、

最近の気づきや政治ネタまで、一挙網羅され、

時間はあっという間に過ぎた。


てっちゃんとオールでスカイプなんて何年振りだろう。

彼は今年のゴールデンウィークを4連休にしたので、

この日はたまたま、普段より、元気と気力があった。

何しろ、兄弟てっちゃんが疲れていない日は、

一年に2日くらいしかないため、

この貴重な一日を逃してなるものか、

とばかり、大いに語り合った。

その中でも特に盛り上がったのが〝転生ネタ〟だ。

以前、人は今世で最も憎んでいるものに転生する、

と書いたが、もしそうなのであれば、

前世の自分が最も憎んでいた者が今の自分だ、

ということになる。


例えば、

支配的で威圧的な人間が大嫌いだったとする。

実際、そんな人から何かを言われたりすると、

怖くて、何も言い返せなくなってしまったり、

同時にとてつもない憎しみを抱いたりする。

もう、テレビで麻生大臣を見るだけでムカついてくる。

だが、前世では、

自分がその支配的で威圧的な人間として、

周囲の人に憎しみを抱かせていたわけである。

要するに、

自分の前世は麻生大臣だった、ということになる。

それをこのまま赦さず、今世を終えると、来世では、

また自分が傲慢で威圧的な人間を演じるハメになる。

このように、被害者と加害者を交互に繰り返してゆく。


なので、今、自分が憎しみを抱いている誰か、

「あの人、なんだかイヤ!」「厚かましいから嫌い。」

「あんな人、死ねばいいのに…。」

と言っているその相手こそが次の自分なのだ、

と自覚することはとても重要なことなのだ。


「いやいや、自分はあんな人間にはならないよ。」

と思ったって無駄である。

今世での〝わたし〟というキャラは、

今回限りの設定であり、表面的なものに過ぎない。

今世では、天使のように優しい人が、

来世では、連続殺人鬼であったりする。

要するに、その人がどういうキャラであるかは、

本質の自分とは何ら関係がないのだ。


ということは、今回限りの設定の自分を指して、

「こんなわたしが大嫌い。」

「あの人って、こうこうこういう所がだめだよね。」

「わたし、あの人だけは赦せない。なぜなら…。」

と言うのは全くナンセンスであり、無意味である。

だって、この性格は本質の自分とは無関係であり、

生まれ変わってしまえば、

全く違うキャラ、全く違う外見になるのだから。


なので、もう憎しみの連鎖はうんざりだ、と思ったら、

目の前の憎んでいる人を赦す以外、手はなくなる。

だって、これが〝次の自分〟なのだから…。


〝徳を積む〟という言葉がある。

この考えから行くと、真に徳を積むとは、

どれだけ相手を、

〝過去からの自分の分身〟と観て赦せるか、

ということなのだ。


以前、この話を会社の酒席でしたところ、

「じゃあ、大金持ちを憎めば、

 次は大金持ちに生まれてこれるな。ハハハッ!」

と言われたことがあった。

だが、たとえ、

大金持ちに生まれてきたとしても、そのまた次は、

それと正反対の自分として生まれるのだから、

結局、同じである。


プラス、マイナス、プラス、マイナス、

陰、陽、陰、陽…、

このスパイラルから抜け出さない限り、

苦しみは終わらない。


要するに、今目の前にいるだーい嫌いな人を赦せば、

1円で松濤に家を買うくらいお得だ、という話である。

言い換えれば、

嫌いな人が現れたら、めっちゃラッキーかもしれない。

どんな納得の仕方であれ、赦せれば勝ちなのだ!