香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

驕傲


↑兵庫県明石市のウイスキーが飲みやすくて好き

最近、日本のウイスキーにはまっていて、

ロックやハイボールなどにして飲んでいる。

それにしても日本のウイスキーって、

どうしてこんなに高くなっちゃったんだろう。

山崎の12年ものなんて、もう高すぎて手が出ない。

まだバランタイン16年ものの方が安いくらいだ。

白州の25年ものに至っては、37万円もする。

いったいこんなの誰が飲むんだろう。

中国の富裕層?


というわけで、今週のワイドショーは、

日大悪質タックル問題一色だったが、

ここへ来てようやく、

日大の〝お偉いさんたち〟が顔を出し始めた。

内田監督、ぶち切れ司会者、学長、田中理事長、

それがまた、揃いも揃って威圧的で傲慢なのだ。

謝罪会見にもかかわらず、

素直に謝る、という事がどうしてもできない。

反射的に、乱暴な言葉で居丈高に言い返してしまう。


彼らは皆、おおむね、60歳代後半から70歳代で、

ちょうど、団塊の世代にあたる。

典型的な父権至上主義時代に生きた人たちで、

お父さんが非常に威張っていた時代であり、

妻や子供を精神的に虐げ、服従させてきた世代だ。


まあ、僕の父親は、

キューピーさんのように可愛らしかったので、

あまり父権主義的なものを感じたことはなかったが、

それでも、次々とテレビに出てくる、

こんなにも解かり易い〝威張ったおっさんキャラ〟

を眺めながら、僕の心の中に潜むモンスターを見つめ、

自分の意識が何をやっているのかを認識してゆく。


神(父)の座を奪いたかった自分、

神(父)のように振る舞いたかった自分、

神(父)から罰せられるのではないかという恐怖、

そんな恐れ多いことを企んだ自分への罪悪感、

恐怖から来る防衛のための威嚇、などなど、

ひとり、自暴自棄となって、スピッツのように、

キャンキャン吼えている自分の内面を凝視する。


そして、それはただの間違いであり、

罪でもなんでもなく、訂正すれば済むことなのだ、と、

兄貴に丸ごと明け渡してゆく。


そうやって、横柄で、支配的な、

威張るだけで何の責任も取らない昭和オヤジたち、

という、僕が造りだした多人格の影法師を、

赦し、明け渡し、主人格へと統合する。


「いやあ。自分の中にこういう傲慢な部分はないわ。

 むしろこの人達に怒りを感じてるくらいだから。」


と思ったってダメである。

〝汚物〟を自分の中に見たくないがために、

それを外部へ投げつけ、

「私は、こんな下劣な人ではありませーん!

 汚いことをやっているのはあの人でーす!」

とやっているだけである。

それを認めて受け入れるのが天国への近道だ。


でも、なんていうか、いままでのように、

ストーリーの中へ入っていけない自分もいる。

なんだか、笑けてくるのだ。

こういった、表面に顕れているキャラが、

ますます薄っぺらく感じられる。

本当にウソだ、と分かっていながら、笑っている。


よく、大和田菜穂さんが、

誰かの質問に答えながら、ゲラゲラ笑っているが、

あの気持ちがよくわかる。

というわけで、今日は土曜日、

昨夜は深夜1時頃に寝て、今日起きたのが午後3時、

トータルで12時間ほど寝ていたことになる。


今週のお籠もり連休のあと、3日働いて、

また土日の休日である。

それでも、未消化の有給休暇がまだ60日もあるし、

代休は3日も残っている。

ブラック企業一掃の社会的雰囲気のお蔭で、

会社からは、休め、休め、と言ってもらえる。

休んでいてもお給料をもらえるなんて、

本当にありがたい限りである。


「定時で帰るなんて、バカかお前は…。」

「少々の熱で休む奴がどこにいる?」

「厳しくするのはお前のためだ。」

など、厳しさに耐え、苦しんでこそ成長する、

みたいな昭和的風潮が次々と光に晒され、

調和や優しさに取って代わられようとしている。

まあ、自分的には、

もう少し早く取って代わられてほしかったが。(笑)


とまあ、そんな感じで、

この週末は、家でウイスキーをちびちび啜りつつ、

映画を見たり、昔のドラマを見たり、書き物をしたり、

という時間を過ごしている。