香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛の視点

東京へ行って来た。今回もドーミーインに宿泊した。

ここは朝食が充実していて、露天風呂もある。

コーヒーは24時間飲み放題だし、夜には、

無料のラーメンまで出て、ビジネスホテルの中では、

最もコンテンツが充実しているホテルだと思う。


日曜に来て、火曜日の夕方に香港へ帰るという、

弾丸スケジュールだったが、とてもよい旅だった。

前回の記事で書いた通り、お給料も上がったし。(笑)

日曜の夜は、兄弟てっちゃんたちと新宿で会った。

いつものイタメシ屋で夕食をとり、

それから、終電の時間まで、大いに飲み、語った。


今回の語り合いのなかで気づいたのは、

赦しや、聖霊への繋がり方は、本人の性格や、

今世での設定によって異なる、ということである。


例えば、

僕の赦しは、外に顕わてくる人や事象を、

自分が外へ追いやった罪悪感として認識し、

聖霊へと明け渡してゆく。

てっちゃんの赦しは全く逆で、何かを体験した時に、

その罪悪感の投影を〝自分の内側〟に観て、

そこから直接聖霊に委ねてゆく。

外側に観た罪悪感を内側へと回収してゆくか、

内側に観た罪悪感をそのまま明け渡してゆくか、

一見、方向性は全く違うように見えても、

あると思っている罪悪感を取り消し、聖霊に繋がる、

という点においては、どちらも同じことをやっている。


僕は最初、その違いを考慮していなかったので、

彼の中から出てくる怒りを理解できずにいた。

僕の場合は、とにかく自分の運子ちゃんを、

外へ追いやってしまっているため、

罪悪感は全て他者の中に投影されてしまう。

怒りを僕自身の内側に観ることはあまりない。

だが、彼の場合は、自分の内側に投影するため、

ストレートに自己の罪悪感と向き合うこととなる。

外部投影型と内部自責型で言えば、

前者には、外部世界というワンクッションがあるが、

後者は、直接内側を観ることになるため、

赦せば赦すほど苦しくなってくるのだ。


ここをちゃんと理解していないと、

どっちがよくてどっちが悪い、という議論になったり、

互いを否定し合う結果となる。


これまで僕は、

〝外界に映る自分の心の中〟を赦せば赦すほど、

どんな人も優しく見え、社会権力的なものでさえ、

一種の〝愛〟のように知覚されてしまうので、

なんで彼がこんなにも様々なものに腹を立てるのか、

不思議に思っていたのだが、ここへ来て、彼はただ、

内側にある〝ひとつの怒り〟と対峙していただけだ、

ということに理解が及んだのだ。

それでも僕には僕の赦ししかできない。

なので、後半は、

彼の中から出てくる社会的怒りと対峙しながらも、

これは他者へと追いやった父に対する自分の怒りだ、

と認識し、聖霊の中へと返し続けていた。

そして、やはり、最後は感謝でフィニッシュ。


そう言えば、兄弟てっちゃん曰く、女性と男性では、

微妙に赦しの表現が違ってくるのだという。

例えば、

女性は〝受け入れる〟〝迎え入れる〟〝委ねる〟

といった、神から自分へ向かう表現が多いのに対し

男性は〝明け渡す〟〝神に向かう〟〝差し出す〟

と、自分から神へ向かう表現をすることが多い。

どちらも同じことを言っているのだが、

男と女で表現の〝スタンス〟が違うと聞いて、

なるほどな、と思った。

東京からの帰りの飛行機では、

悪天候のため、機内で一時間ほど待たされ、

離陸後も、普段なら4時間ほどの空路が、

強い偏西風の影響を受け、6時間近くかかって、

ようやく香港に到着した。


その間、ずっと聖霊の中に入って過ごしていた。

そう言えば、前から思っていたのだが、

高度の高い機上にいる時のほうが、

エゴ的な波動が薄くなるからか、地上にいるときより、

直感や聖霊のメッセージを受け取りやすく感じるのは

気のせいだろうか。


聖霊兄貴の中に、ぐぐっと入っていると、

どんなことも〝愛の視点〟で見るようになる。

僕の場合、24時間、こんな感じにはならないのだが、

最近ますます、こっちの方がリアルになりつつある。

近い将来、その感覚がくるっと反転したら、

どうなるのだろう。

本当に、本当に楽しみである。