香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

真の全托


↑免税店でバランタイン21年を買う。
 日本の21年ものより全然安い。


東京出張を終え、香港へ戻る少し前あたりからか、

聖霊との、不思議な一体感が芽ばえはじめている。

なんていうか、これまで普通にやってきた、

聖霊に間違った知覚の修正を依頼する、とか、

聖霊に、幻想の罪悪感を認識して明け渡す、という、

距離を持った聖霊とのかかわり方ではなく、

最初から聖霊の中にすっぽり入り込み、

あとはもう、あなたの好きにしてください、と、

まるで、お母さんの子宮の中に返ったかのように、

ゆったり安らいでいる感覚…。


こうして、聖霊の中だけにとどまっていると、

何かを手放したり、明け渡したりするために、

個の自分ができる事など何もない、と気づかされる。

明け渡そう、手放そう、とする行為自体が、

バリバリ自分でやっているように思えてきて、

全然明け渡したことになってないじゃん、

というふうに知覚されてくるのだ。


これまで、ガンガン赦しを実践してきた身としては、

こういう感覚にはどうしても抵抗を覚えてしまう。

そんな自分とどう折り合いをつければいいのか、

わからずにいたとき、会社の昼休みにふと、

そういえば、乙女ののりちゃんって、

最近どうしてるんだろうという思いがよぎり、

早速、ようつべの動画を検索してみると、

パパ爺の本を朗読している動画があったので、

そのまま椅子を倒し、昼寝をしながら聞いてみた。

ほとんど夢うつつで聞いていたのだが、途中、

〝真の全托〟という言葉を耳にした瞬間、

ああああ、これかあああーっ、と、ようやく、

僕の感覚の正体が腑に落ちて解かった。


赦しや、明け渡しや、委ねることさえも、

〝自分〟ではできないと観念すること。

もう、何にもしがみつかず、コントロールもせず、

どんなテクニックも使うことなく、

どこまでもどこまでも、聖霊に全てを託し、

丸腰で手を離すこと。そうすることで、

真の明け渡しや赦しが自然に起こると…。

これでようやく、東京出張からずっと続いていた、

この奇妙な感覚の正体が〝全托〟という言葉と繋がり、

一層聖霊への〝全托感〟に拍車がかかった。


もう今後は、

ほんの少しの〝しがみつき〟も必要なく、

どんな些細な個の想いも放棄していい。

真の全托に身を委ねれば委ねるほど、

本当は自分がどういう存在だったかが明らかになる。


まあ、思い返せば、上記に記したようなことは、

すでに学んでいたし、理解してもいた。

ただ今回、頭ではない〝体験〟が必要だった。

ただひとつ〝全托〟について注意することがある。

聖霊に全托することによって、

自然に赦しが起こるのであれば、

日常レベルでの赦しの実践など、

必要ないのではないか、と言えば、そうではない。

これは、絶対絶対、そうではない。

まずは、赦しの実践ありき、である。


〝真の全托〟の状態は、理解してそうなったり、

知っているからできる、という類いのものではなく、

それが〝起きる〟まではそうならない。

それが自然に〝起きる〟には、

明け渡しや赦しの実践を〝頑張る〟段階というのが、

不可欠となってくる。

内なる罪悪感や怒りが癒されていないのに、

即行、全托だけで行こう、としても無理なのだ。

できない自分を責め、苦しくなるのがオチだ。

なぜなら、

頭でわかっただけで聖霊に真の全托ができていたら、

もう今頃、全員が故郷へ帰還しているはずだからだ。

特に、

自分が自分に〝有る〟と信じ込ませている罪悪感を、

決して甘く見るべきではない。


また、別の見方をすれば、

赦しを〝頑張っていた〟と思っているそのことさえも、

聖霊によって導かれている、とも言える。

要するに、これまでだって、僕達は、自分では何一つ

成し得ては来なかったのだ。

だから、安心して頑張ればいい。


今日からまたまた端午の節句で三連休、

聖霊の中にお籠もりしている僕である。