香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

奇跡の土曜日


↑ 毎日この〝緑の回廊〟を通って出勤する。
  香港にだって、自然はあるのだ!


今日は土曜日。終日、篠つく雨である。

こんな日は家でお籠りに限る、と、ミルクティを淹れ、

雨の音を聞きながら、書斎で書き物をして過ごした。


夕方、出前のピザでも取るかあ、と思いながら、

ボーっとしていた時、空間に粒子が飛び始め、

ああ、またこれかよ、と、その様子を眺めていると、

空間がどんどん遠のいてゆくような感覚に襲われた。

それはちょうど、目の前にA4サイズの紙をかざすと、

視界全体が紙一色に覆われてしまうが、その紙が、

目から離れてゆくにつれ、紙の面積は小さくなり、

代わりに紙に隠されていた周囲の風景が見えてくる、

という感覚に似ている。


装着しているVRゴーグルが緩み、その隙間から、

天国の光が漏れてくる。

やがて、現実のスクリーンはどんどん小さくなり、

気が付くと、天国(ハート)に取り囲まれていた。

薄皮のベールどころか、目の上に、

吹けば飛ぶような、小さなガーゼが、ちょん、ちょん、

と載っていただけだったと気づく。

自分は常に天国にいながら、

ガーゼの上に映し出された点のような現実世界を、

必死に追い続け、拡大させて見ていたのだ。

そのとき、ふっと、ある疑問がよぎった。

「じゃあ、このことに気づいているのは誰?」

その瞬間、あらゆる理(ことわり)がびびびと入り、

ああ、自分なんていない、自分はいなかったんだあ、

という、説明しがたい理解が湧いてくるのを感じた。


そして、はっ、と我に返った時、

暗いリビングで一人たたずんでいた。


さっきのは一体なんだったんだろう、と思いながらも、

それからなんやかやして、夜、足の爪を切っていると、

あれ、これ、誰の足?→自分の足なのだろうか→

自分は誰の足の爪を切っているのだろう→

じゃあ、これを見ているのは誰?→えっ?えぇーっ!

と、そこまで思いが至った瞬間、

〝わたしは、もういません〟という、

爆発的な理解が起こった。


それは、

「私は無い。世界も無い。

ひとつの意識(神)だけが在った!」

という、実にシンプルな理解だった。


小さい頃、プリンを食べていて、

何でこれは〝プリン〟というのだろう、と思った。

プリンという言葉のどこにプリンがあるのだろう、と、

プ・リ・ン、プ・リ・ン、と言葉を分解するように

思考していると、名前を持つあらゆるモノが、

崩壊してゆくような感覚に襲われて怖くなり、

慌てて考えるのを中止したことがあるが、

なんか、そのときに通じるものがある。


↑二階建てバスで家路を急ぐ。
 毎日、ちょっとした旅行気分を味わっている。

そうして夜中になり、

解放感と共にベッドで大の字になっていると、突然、

大きなエネルギーが、みぞおちの辺りから、

ギュルギュルと渦を巻いて上昇してゆくような、

まるで、電動ねじ回しでネジを抜かれているような、

不思議な上昇感に包まれた。


そして、あくる朝、

土砂降りの雨の音と共に目覚めた。


たとえ、個人の自分の身に何が起こったとしても、

誰かに怒りをぶつけられても、イライラしても、

やはり、自分はなく、故に、罪悪もない。

目の上に載ったガーゼの上で展開される映像より、

天国の方がリアルになりつつある。


そこにずっと〝わたし〟はいた。

これまでも、そして、これからも、永遠に…。


やっぱり、言葉では表現できない。

限界である。


それでも、もう、僕は、夢には戻れない。