香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

変わるわよ!



「変わるわよ!」 と、キューティーハニーでなくとも、

思わず口走ってしまいそうなくらい、

内面の変化が目まぐるしい今日この頃である。


日本は猛暑のようだが、今年の香港は冷夏である。

夜は24度まで気温が下がり、エアコンも要らない。

そのかわり、雨がすごい。毎日集中豪雨が降る。


そんな中、是枝監督の 『万引き家族』 を観てきた。

ただ万引きをして生活する一家の話だと思ってたら、

おっとどっこい、そんな薄っぺらなものではなかった。

家族とは何か、結びつきとは何か、愛とは何か、

なんだかすっごく切ない映画だった。

特に、安藤さくらの演技がすごかった。

ただ、うなづいたり、普通に道を歩いてるだけなのに、

観ている者に様々な感情を想起させる。

すごい女優さんが出てきたものである。


↑シャッターを押す瞬間、じゃじゃーん、
 突然女の子が登場!

今日、会社の帰り、地下鉄の改札口で、一時間ほど、

何をするでもなく、行きかう人々の群れを眺めていた。

ひとりひとりの個人には焦点を合わせず、

視点をオープンフォーカスにして、ぼんやりと眺める。

人の動きが、まるで粒子が動いているように見える。

これ全部、

僕が意識を向けてる間だけ立ち顕れる幻影なんだ、

と、不思議な感慨を抱きながら観察していた。

そのとき、自分は今、

天国(ハート)から、無を凝視しているのだ、と思った。


ハレ師匠の、AさんBさん高速一人芝居ではないが、

今日も、いろいろな仕事のやり取りをしたのだが、

自分で自分に話しかけ、自分が自分に語りかけてくる

という感覚の中で過ごしていた。

それでも、仕事はちゃんとこなせるから不思議だ。

まあ、自分が自分と会話しているのだから、

どうとでもなる、と言えば、どうとでもなるのだが…。


しかし、右脳が主動権をとり始めるにつれ、

広東語や北京語や英語などの、

〝習得された言語〟が話せなくなってきている。

いつもなら、すらすら出てくるフレーズや単語が、

うっ、と詰まって、出てこない。

今日も、オフィスの入り口の前に敷く、

玄関マットを購入しようと金物屋に立ち寄ったのだが、

(秘書のケリーはもういない…。)

「玄関マット」 という広東語がどうしても出てこず、

門の前に四角い布を置いて靴底をきゅっきゅするやつ

(これを広東語で言う方が大変だと思われ…)

と必死で説明し、店のおっちゃんにため息をつかれた。

多分、感覚的なものをつかさどる脳の部分と、

言語をつかさどる部分は、別機能なのかも…。


というわけで、来週は、またまた東京出張である。

日本は暑いらしいが、来週はどうなんだろう。


「兄貴に全托していたら、

東京は36度の猛暑日なのに、僕だけまるで、

秋のような爽快さの中にいた…。」

なんて、次のブログで書いてみたい!(笑)

(↑ はい、アウトーッ!from 兄貴)