香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

恐怖の裏側


今週は、水曜日に行って、金曜日に帰るという、

二泊三日の弾丸東京出張だった。

目的は、フィリピン工場の財務状況を、

譲渡先である会社の女性専務に報告すること。

僕はその女性専務とは初対面なのだが、

数字に細かい人だと聞いていたので、会う前から、

近頃の僕にしては珍しいなと思うくらい緊張していた。


うまく説明できなかったらどうしよう。

なにかツッコまれて答えられなかったらどうしよう。

オドオドしてしまったら相手にどう思われるだろうか。

その緊張の裏で走っている想いを観察しているうち、

この緊張は〝喪失〟に対する恐怖からきている、

ということに気づいた。


例えば、お金や仕事が無くなることへの恐怖、

恋人に捨てられることへの恐怖、

病気になるのではないかという恐怖、など、

これらはみな、失うことがベースになっている。

そして、それらをもっと突き詰めると、

肉体(自我)が失われることへの恐怖に直結する。


女性専務が数字に細かい人だから、

緊張しているのではない。

自我を失わない為に、恐怖で防衛しようとしている。

逆を返せば、防衛しているものを捨ててしまえば、

恐怖は消える、ということだ。

僕だって明日この仕事を辞める(失う)のであれば、

緊張などしないはずだ。


数年前、品川でデイヴィッドの講演会に参加した時、

「自分の財産やお金を全て手放した時、恐怖は消え、

 本当の意味で、心が平安に満たされました。」

と、フランシスが語っていたのを思い出した。


当時、彼女は事業に成功し、二軒の家のほかに、

相当な財産を所有していたのだが、

真の心の平安と引き換えに、それらの財産を、

すべて手放してしまったのである。

半分だけ処分するとか、必要な分は残して、

ではない。「全て要らないっ!」である。

失うことが恐れること、なのであれば、いっそのこと、

失ってしまえば恐れはなくなる、という論理だ。

これほどまでに〝心の平安〟(神)だけを、

求められるなんて、本当にすごいと思う。

女性専務相手にチマチマやっている僕とはもう、

スケールも、覚悟も、まるっきり違う。


それでも、湧き上がる〝恐怖の想い〟を、

兄貴と共に観ながら、消えゆく姿として委ねていた。


「いや、待てよ。ここは夢の世界だったよな。

 ならば、夢の中で一体何を失えるというのだろう。」

と、そのとき素朴な疑問が起きた。

たとえ何かを失ったように見えても、

それは幻想だし、真実ではない。

そのことを想い出した瞬間、

従来の〝愛〟の感覚が戻ってきた。

恐怖が愛に取ってかわられたのが分かった。

で、昨日、

コンババ部長と、前回出張で一緒だった顧問と共に、

その女性専務に会うため、水道橋まで行って来た。


女性専務は、ごくごく普通の優しい人だった。

『なごり雪』で有名な、歌手のイルカに似ている。

「いろいろご苦労様でした。これからもよろしく。」

と言って、労をねぎらわれた。


自分が赦したから、専務が変わったのではない。

緊張しなくなったから、それでよいのでもない。

もともとそんなものは無かったのだと理解すること、

それが、絶対的に大切である。


こうして、僕の東京出張は終わった。

暑い暑いと噂されていたほど、東京は暑くなかった。

夜なんて、むしろ涼しいくらいだ。

なあんだ。

ワイドショーが大げさに騒ぎすぎてただけなんだね。