香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

笑って赦す


↑何日ぶりかの外出。久々に麺の食事をする。
 のっかているのは、牛モツいろいろ。

ここのところ、日本ボクシング連盟の山根前会長が、

ワイドショーを席捲しているが、

こういう強権キャラが出てくると、以前の僕であれば、

「やれ!やれーい!もっとやれ!」となった後、

あっ、いけない、いけないと我に返り、

外部に見ている自分の心の中の憎悪を、

兄貴へ明け渡してゆくのが定番だったのが、

今はもう、何を見ても笑いしか出てこない。

どんな深刻なシーンを目の当たりにしても、

げらげらと、笑いが込み上げてくるのだ。


例えば、相手から理不尽な要求をされた、

攻撃的なメールやLINEを受け取った、

あの人のちょっとした一言が気に食わない、

ツッケンドンで慇懃無礼な店員に遭遇した、

または、テレビで放送される殺人事件に対してさえ、

まるで、質の悪いコントを見ているように感じるのだ。


バブル前の80年代初期、

「だってぇ〜、らっきょうが転がるんですものぉ〜!」

と言って、

げらげら笑い転げる松本伊代のCMがあったが、

今の僕はまさにそんな状態である。

何を見ても喜劇にしか映らず、可笑しくてたまらない。


常にニコ二コしている状態で、このまま葬式に出たら、

絶対に親戚のおっちゃんに怒られると思う。


フランシスやデイヴィッドが常に笑っている理由が

なんとなく分かる気がする。

彼らは、この世界で起こっていることが、

エゴの幻想で嘘だと見抜いているので、何を見ても、

深刻に受け止めることができないのだろう。


そうなのだ。僕たちは、何ひとつ、

深刻に受け止める必要などなかったのだ。

探してもいいが、絶対に見つけてはならない世界、

手に入れたと思った途端、取り上げられる世界、

終わるどころか、始まってすらいない世界、

これが〝お笑い〟以外の何だというのだろう。

「マジ、ウケるっ!」

何に対しても、このスタンスでよかったのだ。


そうこうしているうち、世界のカリスマ山根会長は、

全ての役職を辞し、ボクシングからは一切足を洗う、

という発表があった。


笑って赦してたら、何と、

テレビからも人が消えて行っちゃった。(笑)


↑伊代ちゃんのCM、検索したら、でてきた。

というわけで、お籠り最終日、

家政婦のチョイ姐が、お掃除に来るというので、

仕方なく、昼から外出した。

ジムでボディコンバットのクラスに参加し、思い切り、

パンチやキックをしながら、体を動かしまくった。

筋肉って、意志や意識に関与していると思う。

やろうと思ったことを、最後まで貫徹させようとする

意志を強固にする、みたいな…。

久しぶりに身体を動かし、気分爽快!

ああ、気持ちよかった。