香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

一瞥体験、ふたたび


数日前、また〝あれ〟がやってきた。

夜、寝る段になって、部屋の灯りを消そうと、

電気スタンドのスイッチに触れた瞬間、

ババババーッ!と、電流が走るように、

〝全体が完璧にやっている〟ということが見えた。


電気スタンドのスイッチを押したあと、

ランプに明かりが灯るまでの間には、

スイッチがあり、電線があり、コンセントがあり、

壁があり、配電盤があり、送電線があり、

発電所があり、ボイラーがあり、タービンがあり、

石油があり、石油輸送船があり、石油精製所があり、

また、このLED電球ができるまでの過程があり、

とまあ、全ての繋がりが一体となって、

完璧に動いている様がドッバーンッと見え、

やがて、その一体の完璧さが、

周囲にある衣服や、家具や、植物や、空気、

人と人との関係性、果ては、宇宙にまで波及し、

最後は完璧な一体性の中で動いている様子が、

同時多発的にありありと見え、やがて、個の自分も、

その一体性の中に完全に溶け込んでしまっていた。


「ああ、もうここはそのままで完璧だったんだ。
 
 自分だけに起きている事柄の断片だけを見て、

 これは問題だと捉えていた事柄も、

 完璧な全体性の一部であり、全体としては完璧だ。

 だから、自分でコントロールする必要もなかった。」


スイッチを押さえたまま、どれくらい経っただろうか、

気が付けば、床の上にへたり込んでいた。


↑ 甲府には温泉があちこちにある
例えば、

これから自分の生活や仕事はどうなるのか、とか、

あの時こうやっていればもっと違っていたのに、とか、

災難を避けるために今自分は何をするべきか、など、

そういう〝ふっ〟と湧いてくる想いも、

全ては完璧な一体性の中で起きている。

だから、心配しようとしまいと、後悔しようとしまいと、

対策しようとしまいと、悲惨な目に会おうと会うまいと、

起きることは起きるし、起きないことは起きない。

なんであのとき、ああしなかったのだろう、と、

後悔したって無意味だ。

その時に、その想いが起こらなかっただけのことだ。

そのまま、一体性の中へ委ねてゆけば、

どんな思いも、どんな事象も、やがては消えてゆく。

なぜなら、この完璧な一体性を動かしている主体は、

夢の世界の中では、どこにも存在しないのだから…。


↑台風通過前の成田。国内線がごった返している。
眠れる一なる神の子が見ている夢は、

神が反映されているため、ある意味、完璧である。

それを〝ふっ〟の想いだけでできた自分(笑)が、

どうにかしようと神に挑んでも、ただ徒労でしかない。


言葉では言い尽くせないのだが、それら一連の事が

電気スイッチに触れた瞬間、一気に観えた。

ただそれは、個の自分が観ていたのではないと思う。

眠れるひとつの神の子として観ていた。


夢の世界に赦す対象などいなかった、ということが、

心底解かってしまった今、僕ができる唯一のことは、

夢を見ている(この世界を夢見ている)一なる神の子

を赦し、癒そうと、聖霊を通して意志する事だけだ。


〝わたし〟がそれを準備する必要もない。

〝わたし〟が何かを付け加える必要もない。

もう、安心して意志していればいい。

というわけで、今、甲府にいる。

新会社が発足したため、その設立式典に参加した。

何十年かぶりで、社長から直々に辞令を受け取った。

甲府本社の人たちもみんな優しいし、

台風一過の晴天のもと、とてもうれしいひと時だった。

そのあと、大阪にある得意先の会議に参加するため、

大阪の実家に帰る。新幹線、動いてるかな?