香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

動く塊り

f:id:shusaku1:20190309003853j:plain

 

毎度おなじみ、フィリピンのスービックに来ている。

 

今回は、聖霊部長(元コンババ)と顧問の三人旅だ。

 

ホテルも、レストラン街も、

 

全て工場から歩いていける距離にあるので、

 

仕事帰りに徒歩で食事へ行き、バーで少し飲んでから、

 

また徒歩でホテルへ帰る。

 

 

顧問は、会うたびに、ワインをしこたま御馳走してくれるし、

 

聖霊部長は、最近、まるで世話焼き女房のように、

 

いつも細々とした仕事のフォローをしてくれる。

 

工場の人たちも、みんな、陽気で、優しい。

 

f:id:shusaku1:20190309003847j:plain

↑ 夜の海岸でひとり、静かに瞑想をした 

 

僕の場合、同僚から、

 

ここ間違ってますよ、とか、ここはこうした方がいいですよ、

 

というアドバイスを受けると〝指摘された〟とは思わず、

 

〝助けてもらった〟と、感謝の気持ちで一杯になる。

 

最近は 「ありがとうございました。助かりました。」を、

 

一日何回も言っているような気がする。

 

 

それと、現実生活の諸問題についても、

 

原因に戻った赦しを経て、ひとたび聖霊を選んだら、

 

基本、自分であれこれやらず、聖霊に任せている。

 

そして、僕にとっての聖霊に任せる、とは、

 

兄弟に任せる、とほぼ同義語と言っていい。

 

なにか、直感的な導きで動くときもあるが、

 

大抵は、周囲の兄弟を通して導かれることが多い。

 

たとえ、兄弟から差し出されたものが、

 

心地のよいものではないものだったとしても、

 

そのことを、ある時はちゃんと兄弟(聖霊)に表現したり、

 

またある時は心の中を見つめながら、

 

心地悪さを直視して、原因まで戻った赦しをする。

 

それでも、最近は、

 

前回の記事で書いた〝プロテインバー代金返却事件〟

 

のようなことは少なくなり、

 

どう考えてもあいつが悪いと見えるようなことでも、

 

それをどうするかは自分の仕事ではなく、

 

聖霊兄貴に任せればいい、と一歩退けるようになった。

 

 

一日を兄弟(聖霊)に任せて過ごしていると、

 

大いに助けられることもあるし、また逆に、

 

自分が隠蔽しているものを見せられることもある。

 

いずれにせよ、今の僕は、どちらも、

 

心へ戻ってゆくステップとして使ってゆく。

 

f:id:shusaku1:20190309003833j:plain

↑ 僕が筋トレをしながら毎日たんぱく質を200g

   摂取していることを話すと、工場の日本人スタッフが、

     ステーキハウスに連れて行ってくれた。

 

そんなわけで、

 

3月のフィリピンは、もうすでに夏本番、という感じだが、

 

まだ乾季なので、空気は乾燥していて爽やかである。

 

 

 

ここのところ、毎週アジアの異なる場所で過ごしているが、

 

ずっと決断の主体に戻ることばかりをやっていると、

 

自分はいつも同じ場所から一歩も動いたことがなく、

 

常に空間の方が、

 

舞台装置のようにくるくる動いているような、

 

不思議な感覚になってくる。

 

 

兄弟たちを赦したいと望めば望むほど、

 

肉体としての兄弟は本物ではなく、

 

ただの〝動くかたまり〟のように見える。

 

 

神の子である本物の兄弟たちは、

 

肉体を越えた場所にいる。