香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

わ・た・し・が、やりました!

f:id:shusaku1:20190301003751j:plain

 

3月の香港は、ずっと雨が降っていて、気温も16度、と、

 

じめじめした肌寒い毎日が続いている。

 

この時期は、壁などに結露ができ、カビが発生しやすく、

 

革のカバンや、紺の背広からは白いカビの粉が吹く。

 

お手伝いのチョイ姐が、〝水取り象さん〟を、

 

クロゼットにセットしておいてくれるが効果はイマイチだ。

 

仕方なく、寒いのを我慢して、エアコンで除湿をする。

 

来月東京出張が入ったので、陰気な香港を離れ、

 

サクラの季節に合わせて行こうと計画している。

 

f:id:shusaku1:20190301003758j:plain

 

というわけで、

 

自我が絶対に知られたくないこと、それは、

 

父からの分離は、はなから起こっていなかったが故に、

 

僕たちは決断の主体へ戻りさえすれば、

 

いつでも自我から聖霊へ選び変えることができる、

 

という真実である。

 

 

その真実に気づかせないために、

 

自我は全力で、様々なトリックを用いながら、

 

僕たちを決断の主体まで戻らせないようにする。

 

 

そのトリックのひとつに、脅しによる恐怖、がある。

 

神から罰せられる、という原因に起因する恐怖、

 

果ては、突然犬に吠えられた、スマホが壊れた、

 

誰かから攻撃される、といった幻想レベルの恐怖まで、

 

僕たちはもう、あらゆるものを怖がっている。

 

そして、あらゆるものを怖がっているのは、

 

神を恐れている、ということの反映であるので、

 

僕たちは、神へ帰ろう、とは絶対に思わなくなる。

 

 

ふたつ目のトリックは、幻想の愛と平安、だろう。

 

「この人(恋人/子供)がいるからわたしは幸せだ。」

 

「わたしは、大好きな人に囲まれ、穏やかで恵まれた

 

毎日を過ごしている。」

 

といった、何かが起こることで得られる幸せや、

 

限定的な愛に、僕たちの意識を留めておくことで、

 

本当の愛や平安に気づかないようにさせる。

 

 

 

また、

 

原因まで戻った赦しをするようになって目撃したのは、

 

神の愛を拒否した、天国から離れた、という妄想を、

 

〝自分が率先して〟信じた、という事実だった。

 

 

罪悪感は〝自分が信じた〟がために生じたのだ。

 

 

分かり易く言うなら、

 

『家売るオンナの逆襲』に出てくる北川景子のように、

 

「聖霊でも自我でもなく、わ・た・し・がやりました。ゴー!」

 

という感じか。

 

f:id:shusaku1:20190313004818j:plain

 

〝罪悪感が造りだされた場所〟まで戻り、

 

神からの分離を信じた、という瞬間を直視してみると、

 

全ての原因は〝わたしが信じた〟ことに起因していた

 

ことを、しみじみ実感する。

 

と同時に、事実ではないことを信じたのだから、

 

選び変えることができることも分かってくる。

 

 

そして、このプロセスをを辿って選び変えるまでが、

 

今の僕にとっての赦しとなっている。

 

 

そうやって、心の中に留まる時間が増えてくると、

 

現実世界の状況とはまったく関係のない平安、

 

エクスタシーにも似た理由のない多幸感に満たされる。

 

その感覚で兄弟たちと接すれば、みんな例外なく、

 

神の子であり、何ら差異はないことが分かり、

 

有難い気持ちで一杯になる。

 

 

仕事は忙しいし、帰任の準備も始まるし、

 

赦しのレッスンは次々に差し出されるにもかかわらず、

 

それでも、心の中は平安の光が射している。

 

 

結局、心の中の〝あの場所〟だけが全ての原因で、

 

そこで選び変えれば、全ては逆転する。

 

映像にはなんの力もない。

 

 

だが、僕は、

 

この決断の力を使って、現実を変えようとは思わない。

 

なぜなら、ハートのエクスタシーを知ると、

 

そんな現実のことなど、どーでもよくなってしまうからだ。

 

神だけでいい、真剣にそう思える今日この頃である。