香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

注目の眼差し

f:id:shusaku1:20190316011910j:plain

↑ お気に入りのマイヤーズラムがどこも品切れなので、

   キューバのハバナクラブを試してみる。

   あっさりしていて、香りもよい。

 

土曜日は雨が降っていたので、家でまったりと過ごした。

 

コーヒーを淹れ、ひとしきり書き物をした後、WOWOWで、

 

恐怖映画を観てから、宅配のベトナム料理を食べた。

 

夜は、加藤三代子氏のフォーラムを学習しながら、

 

ラムロックをちびちび飲んでいると、酔っぱらった。

 

ここのところ、いろんな所へ行きまくっていたので、

 

久しぶりに家でのお籠り休日を楽しんだ。

 

f:id:shusaku1:20190317113932j:plain

↑ 宅配ベトナム料理。なぜか二人前来たよ。

   土曜と日曜の二日に分けて食べる。

 

最近、与える、とはどういうことかと考えたとき、それは、

 

相手に全力の〝注目〟を向けることだ、と、ふと思った。

 

人だけではなく、草木や、建物や、街の喧騒など、

 

見えたり聞こえたりするものに注目を以って寄り添う。

 

それだけで、すでに与えているのではないか、と…。

 

 

僕たちは、日々の生活の中で、あまりにも簡単に、

 

周囲の人々の言動や風景を軽く〝いなし〟過ぎている。

 

僕のように仕事で忙しかったり、また逆に、

 

生活があまりにゆったりしすぎていたり、

 

歩いている時にもスマホに目を落としていたりすると、

 

やってくるものに対し、無知覚になってしまいがちだ。

 

 

相手にちゃんと〝注目の眼差し〟を向けることによって、

 

そこから浮上してくる様々な〝個の想い〟を直視できる。

 

その中で、相手を咎めたり、裁きたくなったり、または、

 

自己の正しさを主張したくなったりしたとしたら、

 

その想いはどこから来ているのか、ということに気づいて

 

心(決断の主体側)へ向かう動機とする事が可能となる。

 

f:id:shusaku1:20190301003744j:plain

↑ いまは、グアテマラコーヒーを飲んでいる。 

 

実は、先日の佛山出張でも、

 

このスタンスで現地の会計士と向き合っていた。

 

彼女は国税登記を抹消するには、増値税130万元

 

(約2000万円)を支払わなければならないと主張する。

 

普通、会社が雇った会計士なら、会社の為に、

 

いろいろな減税処置を行なってくれるはずなのだが、

 

彼女はただ「払え」と言うばかりだ。

 

まあ、長年中国で仕事をした人ならわかると思うが、

 

この130万元の中には彼女の取り分も含まれている、

 

と容易に推察できる。

 

 

打ち合わせの間、ずっと決断の主体の位置から、

 

自分の反応も含めて、この〝戦場〟を観ていた。

 

その間も、心は、聖霊と自我を行ったり来たりする。

 

税金がどうのこうの、というやり取りをしながらも、

 

相手の信じている間違った思考体系を見て、

 

それに対し、自分はただ聖霊の思考体系を示し続ける。

 

それは、心の中だけで行なわれる行為であり、

 

物理的に自分は何もしない。

 

相手が差し出すエゴの思考体系を使って、

 

自分の思考体系を真実にしてゆくのだ。

 

その過程で、正しさを主張する自分や、

 

防衛するために攻撃する相手を咎めたくなる自分

 

が出てきても、裁くのは自分の仕事ではない、と、

 

自我に断言する。

 

もちろん、表面上は普通に会社員としての対応をする。

 

でも、その間『家を売るオンナ』の北川景子のように、

 

両目をカッ、と見開き、相手に〝注目〟し続ける僕に、

 

相手の会計士も、かなりビビり気味だったのは確かだ。

 

 

と言っても、〝その最中〟は、

 

戦場を直視することだけで精いっぱいなのだが、

 

帰りの社用車の中で、改めて決断の主体へと入り、

 

本当の原因は分離を信じたことにある、

 

と思い出してゆく。

 

自己も他者とのやりとりも、

 

全てここ〝一点〟だけでやっている一人芝居だ、

 

という位置から観て、聖霊へと選び変えてゆく。

 

 

まあ、文章にすると何だかややこしいが、

 

こんな風なことをだいたい10分くらいでやり、

 

その後は、ずっと、分離など起こっていなかった、と、

 

聖霊と共にハートの中で過ごす。

 

 

このように、現実世界を教室として使い、

 

心へと戻る動機としている今日この頃であるが、

 

以前と違ってきたのは、相手に動揺しなくなったことだ。

 

いずれは相手も必ず天国へ帰る身であり、

 

それはもう時間の問題だと解かっているので、

 

同じ神の子として、安心して対峙することができるのだ。

 

f:id:shusaku1:20190316011853j:plain

 

そう言えば、今週21日は春分の日だ。

 

毎年、この日はなぜか、

 

めまいが酷かったり、すごく眠かったりと、

 

何かと体調が狂うのがわかっているので、

 

思い切って代休を取ることにした。

 

 

まあ、働き方改革の一環で、今年から、

 

正社員は年間5日以上有休を消化しないと、

 

企業に罰金が科せられるようになった。

 

 ありがとぉーっ!安倍総理