香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

春分の日とアセンション

f:id:shusaku1:20190320000701j:plain

↑ トレーナーがフリーになったので、

   新しいジムで筋トレをしている。

   これは、人型サンドバック

 

今日はあまり体調がよくなかった。

 

朝から下痢気味で、昼過ぎから吐き気までしてきた。

 

少し身体も熱っぽいし、めまいもする。

 

春分の日が近づくと決まって体調が不安定になるが、

 

今年は特に重症だ。

 

やはり、今年の春分の日は、

 

それだけエネルギーが強烈だということか。

 

 

な~んていうのはウソで、

 

本当は、会社の冷蔵庫にあったマヨネーズを、

 

お弁当のおかずにかけて食べたら、

 

下痢して、吐きそうになって、熱が出た。

 

ここ二日ほど、

 

冷蔵庫のコンセントが抜けていたことに気づかず、

 

その間にマヨネーズが腐ってしまったんだろう、

 

と、エドワードが教えてくれた。

 

かぁぁー!もう、はやく言ってよーっ!

 

f:id:shusaku1:20190320000713j:plain


そう言えば、バシャールや、その他のチャネラーが、

 

今年の春分の日を境に、

 

其々の周波数のパラレルへと人々の分岐が加速し、

 

来年の春分の日にそのゲートが完全に閉じると、

 

他のパラレルへの移行が不可能になるのだという。

 

 

これらのチャネリング情報の真偽はともかくとして、

 

僕自身も直感的に、2019年はなんだか、

 

大きな分岐が起きて行く年のように感じている。

 

 

周囲の知り合いや、友人たちを見てみても、

 

突然、これまでのやり方がうまく行かなくなったり、

 

職を変えることになったり、住むところが変わったり、

 

人間関係が急激に変化して、

 

全く違うことをすることになったり、と、

 

突然、人生の路線変更を迫られている人も多い。

 

 

その際、新しい道を受け容れる人もいれば、

 

何とか軌道修正し、これまで通りにやっていこうと、

 

四苦八苦する人もいる。

 

 

まあ、

 

奇跡講座の見地から言えばバリバリ幻想な話だが、

 

その奇跡講座の学習コミュニティでさえ、

 

全く違うコースを学んでいるのではないか、というくらい、

 

パッカァー、といくつものグループに分かれつつある。

 

 

なんか、今思ったのだが、

 

そういう意味で、アセンションとは究極の分離だ、と思う。

 

f:id:shusaku1:20190320000809j:plain

↑  内戦で壊滅状態となったシリアのアレッポ産石鹸。

    ジムの近くの書店で発見し、購入。

 泡立ちがよく、オリーブのいい香りがする。

 

というわけで、今年の春分の日は〝自分の選択〟を、

 

今一度、きちんと見直す日にしたいと考えている。

 

 

まあ、奇跡講座を実践している身としては、

 

決断の主体から常に聖霊兄貴を選んでいく、

 

というのはもう、日常中の日常となりつつあるが、

 

幻想レベルで言えば、みなさんご存知のように、

 

僕は企業組織に属する会社員である。

 

もちろん今の毎日が最善だとは思っていないけれど、

 

このまま定年までウダウダ行こうと思えば余裕で行ける。

 

それでも、香港の生活を引き払って東京へ行けば、

 

これまで慣れ親しんできたサラリーマン生活とは別の、

 

全く違った世界が用意されていて、

 

多分僕は、そちらの方を選択することも目に見えている。

 

しかし、そこに、以前のような恐怖や動揺がない。

 

どんな選択をしたにせよ、それはただ、幻想の形態が、

 

AからBへと変化したに過ぎず、どちらも幻想だ、

 

と分かっているうえで選択している自分がいる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

というわけで、今日は、

 

奇跡講座とは全く関係のないことばかり書いてしまった。

 

春分の日は代休を取るつもりだったのが、

 

あいにく、マニラへの移動日になったので、

 

飛行機の中で、空の上から、

 

ワクワクへの移行ワークでもすることにする。

 

(↑ ウソぴょん! )