香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

僕の春分

f:id:shusaku1:20190321235942j:plain

 

今日は春分の日、フィリピンのマニラにいる。

 

春分の日や夏至の日には、宇宙のゲートが開く、とか、

 

強烈な光が降り注ぐ、などとスピではよく言われるが、

 

これって、コース的には、忘却のベールに裂け目ができ、

 

心の中へ向かうゲートが開く、ということなのではないか

 

と、ふっ、と思ったりした。

 

 

というのも、今朝、マニラに向かう飛行機の中で、

 

今日は春分の日で、波動が急上昇する日なのだから、

 

現実的に、こうなったらいいな、という願望を、

 

宇宙にお願いしてみよう、というスケベ心が出て、

 

ジンジャー・タウンを日本で出版したい、とか、

 

自由で豊かに暮らしている自分を想像してみたのだが、

 

どうもイマイチ集中できない。

 

で、最後にバーンッ、と出てきたのが、

 

自分はもう、天国の平安しか要らない、

 

神の平安だけを望みます、というものだった。

 

だって、この世の願望は全部〝程度の差〟に過ぎず、

 

幻想の形態がAからBへと変化しただけである。

 

それであれば、永遠の平安だけを選びたい、と思った。

 

f:id:shusaku1:20190321235607j:plain

 

この世での願望は全て、いずれは無となるものである。

 

素敵な店で食事をした、好きな人と時間を共有した、など

 

どんな願望が達成されたとしても、即行、記憶に変わる。

 

要するに、いずれ無くなる幸福を求めている、すなわち、

 

自分は〝不幸を幸福だと思っている〟ということなのだ。

 

このことを、マニラ行きの機内で強烈に自覚したとき、

 

もう、自分は神の国の平安以外必要ないと実感できた。

 

f:id:shusaku1:20190321235615j:plain

↑ 戸川純の『パンク蛹化の女』で酔っぱらう

 

夜、仕事を終え、ホテルのラウンジで、

 

もりGさん主催の、思考の逆転勉強会、に参加する。

 

赤ワイン、白ワイン、ドライマティーニ、ジンソーダ、と、

 

言えば、どんなお酒でも持ってきてくれる。

 

 

幻想を越えてゆく、というブレのないもりGさんの講義が

 

天国だけを望むという僕の願望と相まってガンガン入る。

 

美味しいお酒、もりGさん、空禾さん、コース兄弟たち、

 

ああ、しあわせ!

 

 

という感じで過ぎてゆく2019年春分の日でした。