香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

脳内劇場

f:id:shusaku1:20190326014205j:plain

 

今週は清明節の祝日と重なり、香港は三連休である。

 

せっかく初日の夜は夜更かしをしようと思っていたら、

 

早々に睡魔に襲われ、あくる日は昼近くまで寝ていた。

 

その間、色んな夢を見た。なかなかリアルな夢もあった。

 

が、どんな夢だったか、朝起きて、

 

シャワーを浴びる時まではおぼろげに覚えていたが、

 

今はもう全く思い出せない。

 

たぶん、僕たちが見ているこの幻想世界の夢も、

 

目醒めてみれば、こんな感じで忘れ去られるのだろう。

 

f:id:shusaku1:20190326014201j:plain

 

夢と言えば、毎日の生活の中で立ち顕われる映像を、

 

瞬間瞬間、ああ、これは夢で本当ではないんだ、と、

 

見えている場面のひとつひとつを、じみじみ凝視して、

 

赦していくことが、今の僕の実践となっている。

 

 

どういうことかというと、

 

本当にこれは、寝ている時に見る夢と同じ幻影で、

 

ただの映像に過ぎないんだ、と実感できてくると、

 

見えている景色が、本当の自分とは解離した、

 

静かで自分には何の影響も及ぼさない、故に、

 

自分は何の反応も必要としないもの、として見え始める。

 

 

そんな状態が続くうち、

 

じゃあ一体誰がこの夢を見ているのか、と思い始め、

 

次に、この肉体の自分も夢の一部だったと分かり、

 

最終的には、じゃあどうしてこんな夢を見ているのか、

 

という所までたどり着く。

 

 

そのとき、決断の主体にいる自分を発見する。

 

 

ただし、誤解を避けるために言っておくならば、

 

「ああ、これも、あれも、全部幻想で夢なんだぁー。」

 

と、お花畑状態になるわけではない。

 

ていうか、なろうと思ってもなれないから、安心していい。

 

なぜなら、そこに留まろうとすると、必ずその反動として、

 

何だか居心地の悪いような、恐ろしいような、

 

そこから引きずり降ろそうと全力で襲いかかってくる

 

目に見えない力が、自動的に発生してくるからだ。

 

 

そして、その力動は、自分があの位置へ戻らない為に、

 

自分で自分に仕掛けた枷(かせ)だったことを思い出し、

 

聖霊と共に見つめながら、幻想の枷を赦してゆく。

 

f:id:shusaku1:20190326014243j:plain

 

とまあ、

 

文章にすれば何だかややこしいのだが、要するに、

 

〝赦しは夢に対しては何もしない〟ということである。

 

本当に起こっていない事に反応する必要はないのだ。

 

しかし、実践の過程で、

 

それでも夢を真に受けて反応してしまうとき、

 

夢だと思い出してその枷を赦してゆく。

 

 

夢を見ている主体が、何を選んでいるかを目撃した時、

 

夢の一部である〝わたし〟もそこへ戻ってゆくのだろう。

 

 

とまあ、そんなわけで、夢の中の僕は、この連休を、

 

のんべんだらりと、くちゃ寝くちゃ寝で過ごしている。